東京ではまるでブログを書けるゆとりがなく
そのままアメリカに戻って参りましたがその最中のことを ———

やはりこの時期に東京に行ったのだから、と張り切って
Ginza Six へ。
息子を実家の母と姪に頼んでたったの数時間でしたが、B1のBeauty フロアのUka でネイルケアの予約の前後に、小走りでチラ見!


アメリカはもとより東京でもベストなケアをしっかり受けられるから駅ビルのネイルバーとかでは妥協できず。大きくてごつい手、太い指、爪の形とコンプレックスがあるからこそ、行ける時はベストなサロンにお任せしたい。

はい、お約束の1ショット目。 わたしにしたら珍しく、すぐにInstagram にアップしたらDIOR 時代の同僚がすぐに連絡をくれてネイルケアの直前に感激の再会! SNSってネガティブなことばかり言われがち?かもしれないけどこんな効用もあるわけで、わたしは肯定派。

 


 

 

レストラン、どこも魅力的!

蔦屋書店もあるフロアの飲食はとってもおいしそう!この日は駆け足で見るだけーですがいつもアメリカの自宅にお魚を持ってきてくれてさばいてくれる築地の社長のお店も入っているので次回は必ずお邪魔したい。 でも子供用の椅子はないんだそう。息子よ、その時も我慢してね。母には東京の美食が必要!


 

毎度おなじみのUka の新店舗。

Uka は周りの喧噪とは切り離された落ち着いた空間! でもふんわりとしたカーテンの質感もありリラックスできました。 写真がない(すみません)のですが新製品のベースコートで仕上げてナチュラルに。絶妙なカラーの設計とトリートメント効果へのこだわり、Ukaならではのコンセプトですよね。お客さまが新製品に鈴なりになっている様子も。

 

 

B2 はデパ地下のようになっているので、ネイルが終わった後にリアルに駆け足で行ってみたのですが、食べてみたいなと思ったものはおしなべて売り切れ!まあそうだよね、どうやら朝から皆さん並んでいるんだそうで。
流れの早い東京。きっとこの混雑もある程度で落ち着くでしょうから秋の帰国時を狙いたいところです。

これも皆写真に撮っていたもの。CHANEL の口紅の自動販売機!です。ラッピングされた状態で出てくるとのこと。一体どんな仕掛けが?!
 

 

 

 

 

 

きっと読者の方もたくさんGWに行かれたのではないでしょうか。

東京には他の都市にはないワクワクが詰まっていますね。秋以降じっくり行けるのが楽しみなGinza Six なのでした。

そしてまだアメリカに戻って5日目のわたしたち。
時差ボケでグダグダしている週末です。

 

 

雅子