2017.5.15

気に入った生地でカーテンを
〜布の聖地、日暮里へ〜

まるでパリのメルスリー(手芸屋さん)のようなウインドウの「E&SON Decor」。「Etsuko trimming」も併設され、色鮮やかなインポートのタッセルやブレード、チロリアンテープが所狭しと並んでいました。

引っ越しで新調せざるを得ないのが、カーテンではないでしょうか。

我が家も以前の家と新居では、窓枠のサイズも数も違います。そしてなるべく早くに解決したい。なぜなら家の中が丸見えになっているから……。

とにかくリビングだけでも。

でもしかし。カーテンって割と良いお値段、しますよね? ヒダもあるので大量の生地が必要ですし、柄合わせなど手間もかかります。また、昨今は遮光や紫外線カット、防炎や防寒など機能性を求めることもあり、生地自体も高価です。

それにしたって、やっぱり高い。引越しの度にオーダーしていたらキリがありません。転勤族の身としては辛いです。

私は前述したことより、気に入ったものを部屋に取り入れたいので作ることにしています。窓の面積ってかなりのもの。いわばリビングの大きなキャンバスですから、とにかく気に入った生地を選びたい。実はずっとずっと憧れている生地があります。

「点と線模様製作所」のbird garden

ことあるごとにこのサイトを見てうっとりしています。実店舗が北海道なので気軽に行けないこともあり憧れは増すばかり。どれも素敵なのですが、私は「bird garden」に一目惚れ。同系色の刺繍糸というのがなんとも贅沢です。先日、ようやくスパイラルマーケットでカットクロスを見ることができました。やっぱり素敵。しかし、カーテンとなると予算を軽やかにオーバーしていきます。

この理想を追い求め、カーテン生地探しに出発です。向かった先は布の街、日暮里繊維街!

80店舗以上の繊維関係の店舗が並んでいます。全てを見ることはできないので、絶対に行くと決めていたお店、友人からのオススメを繊維街マップでチェックして出かけました

生地はもちろん、リボンやボタン、レースの副資材も揃います。お店を厳選しても1日では満足できない……。とりあえず今回はお昼も我慢して、時間が許す限りお店を回りました。


日暮里繊維街オススメのお店はこちら

「E&SON Decor」の姉妹店。ヨーロッパのインポート生地がたくさん。しかもこの日は75%オフ! 私もここのシルクシャンタン風の刺繍生地、すごく迷いました。¥7600/m が75%オフだったんです。カーテンやクッションなどインテリアファブリックだけでなくワンピースにもできそうな素敵な生地がたくさんありました

 

リバティプリントやソレイアードの生地をここまで種類豊富に置いてあるお店、なかなかありません!

 

日暮里といえばここ! 特価の生地から作家さんの生地、衣装用、ニット素材、ウール……品揃えがとにかく豊富。平日の午前中だとういうのにレジ待ちのお客さんが並んでいるほど賑わっています

 

リネンのお好きな方にオススメです。水にさらした状態の見本も展示してくださっているので、生地を実際に使い込んだ様子がわかるのがとても嬉しいです

 

インドの木版プリントなど木綿プリントの生地が可愛いお店です。軽やかなエスニック調の生地はストールにしたり、ロングスカートに

 

「リネンに刺繍」このキーワードで繊維街を歩き回ったのですが、なかなか見つからず。それでもなんとか気に入った生地を見つけました。

ダブルガーゼにフクロウや木の刺繍が施されている生地は「トマト本館」で購入です


ダブルガーゼなので、寒くなり始めたら模様替えがしたくなりそうですが、これからの季節、風が吹くまま優しく揺れるカーテンになってくれることは間違いありません。あ〜早く作りたい!

レースのカーテン生地までは探しきれませんでした。次回のお楽しみにします。