2017.5.16

アントワープ、ネロとドリスヴァンノッテンとビール。

中世から続くという街並みはすごく素敵でした!

スミマセンまたもや間が空いてしまいましたが、前回の一泊2日のアントワープ旅の続きです。

街は思っていたより小さくて、きゅっとまとまっている感じで、見所もさくさく廻ることができました。

世界遺産指定されている市庁舎。

ここに来たらやはり行かないわけにいかん!と思って、フランダースの犬に登場する教会も行ってきました。

教会の前にはネロとパトラッシュの彫刻があってびっくり。去年末にできたばかりだそうです。知ってる絵柄と全然違うけど……

でも教会だというのに、6€も入場料を支払うという……

もはや絵を見ても「ネロ〜(泣)」としか思えない。
教会自体もキレイでしたが、とにかくすごい数の年配観光客だらけでした。

実はこのアントワープ旅は、ドリスヴァンノッテンの取材のためでした。

メンズファッション誌であるThem magazineのお仕事だったのですが(現在発売中です!)、今回は巻頭特集で12ページもあると聞いていたのに、インタビューに当てられている時間は30分しかなく。

おかげで正直2日目(取材日)は緊張感でいっぱいだったのですが、ドリス氏はすごく紳士的な素敵な方でホッ。

本社内のストック布の数には圧倒されました。

よく考えたら、競争の激しいファッション業界でずーーっと第一線で活躍しているというのも、本当にすごいこと。

素材や作りへのこだわりなどから真摯な姿勢が伺えて、すっかりファンになりました♪

そして取材が終わり、帰りの電車待ちで嬉しそうにビールを飲む私w

カメラマンさんが撮影してくれました!