2017 May. 16

気持ちが揺れた時。
辛い時の処方箋

気候が安定しない今年。真夏のセブ島から帰ってきたら、「意外と寒い!」みたいなこともあったからか、体調も含め、少し揺れていました私(笑)。

そんなとき、みなさん、どんな処方箋をおもちですか?
もしかしたら、更年期の初期症状かもしれないし、今後本格的に何か体調に変化があったときのためにも、これさえあれば――というものはもっておきたいですよね。

ぬるめのお風呂にゆっくり入る。キャンドルの灯りだけで寝室では過ごす。食べ過ぎない(笑)、飲み過ぎない(笑)(笑)。くらいのイージーケアももちつつ、私が最近頼っているものがこれ。エルバビーバのバランスオイル。安心感を与えてくれるゼラニウムや、エストロゲンに似た働きをしてくれるクラリセージが含まれているので、自律神経の乱れや、生理前のPMSなどにも効果があるそう。

気分のアップダウンが激しいときなどは、お風呂に1キャップ入れてゆっくり呼吸をしながら入ります。リラックス効果が高いだけでなく、良質なオーガニックアロマオイルが肌をしっとりとさせてくれるので、それもまた良し。入浴後は、眠りが深くなり、さらに朝のポジティブ感が違う気がします。季節の変わり目や、緊張が長く続いた後なども良いかもしれません。

もちろん薬ではないので、劇的な効果を期待、というよりは、「何かあったときに安心できる1つ」として活用しています。これから、こうした処方箋を1つ1つ増やしていきたいな、と思う44歳です。

大草 直子

  • 関係ないですが、このグラス可愛くないですか? 大阪出張に行った際に頂いた、プレミアムモルツ香るエール♡ 背景のブルーのチェアとマッチ! なんか爽やかで、思わず写真を撮ってしまいました。
  • こんなきれいな色の服を着る――のも、ポジティブになるには有効ですよね。先日買ったサンダルと同じサフラン色。今年は、この色が気になるみたいです!
 
CREDIT :

ニット/シーズンスタイルラボ
スカート、バッグ/ボッテガ・ヴェネタ
サンダル/プラダ