先日日本橋三越で「池坊展」を拝見し、それから観てみたいなぁと思っていた映画「花戦さ」(リンク先は音が出るページがあります!)に行ってまいりました。ストーリーも気持ちの描写もとてもわかりやすく、役者さん方も豪華な顔ぶれで楽しい2時間でした♪長い歴史を持つもの、その意味。敬服の一言です。

この花入は「池坊展」の時に求めました。

今回は帯の前結びのご紹介です。わたしの適当さが露呈してしまう!でも早くて簡単ということは必須事項ですものね。今回も写真がお見苦しいですがご容赦くださいませ。

まず着物を腰紐、伊達締めで決めましたら、前結び用の帯板を装着します。いろいろな種類がありますがわたしはこのベルトタイプを愛用しています(現在2代目!)

この帯板は後ろがマジックテープになっています。帯を回す時のことを考え少しきつめに胴に巻きます。

帯を締める手順は同じです。前結びは鏡を見ながら前でお太鼓を整えられるのでとても楽です!

そしてさらに簡単に帯クリップで挟むだけです!結ばないので緩むことを想定し、若干きつめに帯を締めます。
帯枕の紐、帯締めは背中側で仮に結わえておきます。枕に帯揚げをかけた状態までにします(お太鼓とたれの柄が合ってない…失礼致しました。。)

帯枕の紐と帯締め帯揚げは緩めの力加減で仮に結んでおきます。帯板はサテン生地で滑りが良いので、出来上がったお太鼓ごとくるっと後ろに回します。

回す方向に注意!襟を乱さないために時計回りで回します。
回し終わり、お太鼓は背中におさまりました。帯枕の紐と帯締めを固く締め直して、あとは帯揚げを整えます。

紐類をきっちり固く結び直して整えます。

帯揚げは、一回だけ結び形を整えたら端から折りたたんでいって…この状態で帯の間に押し込みます!

「帯揚げの結び目がきちんとできない〜」という方(←わたしもです)のために。固結びしないで一回結わえた状態で端から折り、帯の間にぎゅうぎゅう詰めてしまいます!そうすると結び目が綺麗に♪

おはしょり、帯揚げ、帯締め、胸元を整えたら完成!自撮りシリーズも終了!!(笑)

お太鼓を回した時にできたシワやたわみ、たれの長さなどを整えて出来上がりです!肩の痛みにもダメージがなく楽なのです。今回は名古屋帯ですがもちろん袋帯の二重太鼓もOKです!
邪道なのは重々承知…の上で、オススメです(笑)