行ってきました!!期間限定vacantでの"Olive cafe"

編集部大森氏の行きたくなる様なブログに触発されて、実際に行った読者もたくさんいるだろう。上手くハマってしまった。(笑)

バックナンバーは編集部の個人の持ち物だったり、全ては揃ってはいないが貴重な資料と化していた。

パラパラとめくりながら、懐かしいなあー。あ、だって四半世紀過ぎてるか!とびっくり。お客さんもそれとなくオリーブ少女だった人が座って読み漁っていた。

忘れもしない1988年の高校生時代に編集部より「オリーブに出ませんか?」とお電話を頂いたのだ。学校には内緒で、しかも変身ページで髪も切りパーマもかけてしまった。

どれだけ魅了的な内容だったかは、当時のスタイリストが大森伃佑子さん、ヒステリックグラマーのデザイナー北村さん全面協力で変身するという内容。もう、パーマでもなんでも来い状態でお受けした。(笑)撮影場所は旧代官山アパート前。着替えはファッションショーの様に楽しかった。クリエイティブな仕事したいなと漠然と考えていたのもこの頃からで、私にとってこの撮影は大人の社会を垣間見たお仕事でした。

当時はアイスばかり食べ歩いてダイエットとは程遠い生活だったが、オリーブのダイエット特集や料理のページが好きでよくスクラップしていた。

巻末の山田詠美さんの連続小説をドキドキしながら読んでいた。ファッションも大好きでよく真似もしていたあのころ。オリーブ的な生活に包まれて幸せだった。

あの頃のなりたい自分になれているかな、と自問自答。

自宅に戻り粛々と開発に勤しむ

そんな年度末。