2017.8.5

ペリカン万年筆のブランドブックがお洒落。

 

 

 

 

先日投稿した「警察沙汰になった万年筆」の続きですが、、笑、、

お優しいペリカン日本の池田社長が、

ペリカン万年筆のブランドブックを送ってくださいました。

ペリカン万年筆は、歴代の広告ポスターがお洒落なことでも知られていますが、その歴史をたどることができる立派な本で、仕事の合間に、うっとりと眺めています。

「そうだ、ミモレにアップしよう」と、ペリカン本に、水色ペリカンを添えて写真を撮りました。ちなみに、ペンをくわえるペリカンは白が一般的ですが、先日、代官山蔦屋の文具コーナーで、レアな、水色ペリカンが並んでいるのを発見。非売品かと思いきや販売されていたので、早速連れて帰り我がオフィスに仲間入りした次第。

現在は、白とともに2羽、まるで夫婦ペリカンのように、ライティングデスクの上に並んでいます。

なんだかとりとめもなく脱線しましたが、、今晩は、この本を読みながら幸せな気持ちで眠りにつきたいと思います。

万年筆の夢を見られますように。