プティ・ミモレッタ バタやんの「読みごろFRaU」

2015.4.8

はじめての金沢、おすすめスポット1

とてもお世話になっていたデザイン事務所のボスが、現在金沢に移住して、金沢の魅力を発信するプロジェクトに携わっているとのこと。金沢に行ったことがなかった私は、なにかフラウの企画に繋がるかもと、開通したばかりの北陸新幹線に乗って現地視察に行ってきました。(……あ、いや、正直にいうと、福井でB’zのライブがありまして、その追っかけついでに金沢に寄ったのでした。すみません、仕事熱心ぶって格好つけました・汗)

わずか1日半の滞在でしたが、すっかり魅了されて来月にもまた行きたい気持ちでいっぱいの私。金沢でもう一度訪れたいスポットをご紹介したいと思います。

2005年に完成した金沢駅は、アメリカの「Travel & Leisure(トラベルアンドレジャー)」のWEB版で【世界で最も美しい駅】に日本で唯一選ばれた駅。

雨の多い金沢を象徴して、傘をイメージしたガラス張りの「おもてなしドーム」が道路に向かって突き出したユニークな建築デザインとなっています。 

 


金沢は近代建築物の見どころが多い町でもあります。
「金沢海みらい図書館」は【世界で最も美しい公共図書館ベスト25】に入選していたり、有名な「金沢21世紀美術館」は建築界のノーベル賞ともいわれるブリッカー賞を受賞していたり、“世界で最も美しい”タテモノづくしなのです!!

 
 

金沢21世紀美術館は、レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」(写真左)や、ジェームズ・タレルの「ブルー・プラネット・スカイ」(写真右)などは入場無料で見学することができます。(タダで一日中のんびりできちゃいますね) 

「ブルー・プラネット・スカイ」にて


夜は前述のデザイナーの紹介で、片町にあるおばんざい屋さん「季の肴 雨㐂草(ときのさかな うきぐさ)」へ。
●住所 石川県金沢市片町2-12-14
●電話 076-255-0528
●日曜定休

 

小粋な外観に高まる期待。そしてそれを裏切らない丁寧なお料理と美味しい日本酒の数々でした。カウンターでテキパキと魚をさばいていた店主・山岸正志さん。(彼の一日に密着した動画はコチラ)

二軒目は、情緒あふれる飲み屋街「金沢新天地」へ。


はじめての金沢、おすすめスポットは後半につづきます。