2017.8.22
374

使い切りのハーブの「鉢カバー」の作り方

 

ここのところの猛暑で、育てていたハーブも少し元気がありません。枯れてしまったものもあります。バジルや大葉は、料理の必需品なので、使い切り、でもよしにしようと追加で苗を買ってきました。わざわざ植え替えるほどでもないけれど、プラスチックのポットのまま置いておくのも嫌なので、紙袋を「鉢カバー」に。ポットより少し大きめの紙袋を用意。紙袋の端をポットの高さの少し上まで、何回か折り曲げるのがコツ。水やりをするとき、紙袋から出すのなら、そのままでOK。私は出さずに水やりしたいので、クシュとさせて麻ひもで縛り、底に2㎝くらいの水抜きの穴をハサミで開けました。クラフト紙ぽい紙袋でなくても、柄や色の袋も楽しいですね。使い切りの少しの間でも、小さな緑を美しい姿にしてあげたいといつも思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【好評発売中】この連載が本になりました!
『心地よく暮らす――インテリアの小さなアイデア109』


発行人・下田結花のブログ
モダンリビングのオフィシャルサイト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー