4
11/2 UP!

トレンド感があるのに
長く着られる! この冬買うべき、
主役アウターは「23区」にあった![PR]

2017年、ブランド誕生25周年を迎えた「23区」。記念のスペシャルアイテムをフィーチャーする企画も3回目。今回大草編集長がピックアップしたのはアウター。トラッドな柄やデザインで今年らしさがありながら、上質な素材だからこその経年変化を味わいたい「23区」のアウターをコーディネートとともにご紹介します。

“コートアップ”で、クラシカルに、レディに

 
 

コートとスカートをセットで着る“コートアップ”。インには、軽くふっくらとしたイタリアンインポートのメリノウールのタートルニットを。しっかりと高さがあり、フィット感のあるネックが顔の輪郭を引き立てます。コート¥86000、ニット¥16000、スカート¥26000、バッグ¥29000/23区(オンワード樫山)

1770年代創業というイングランドの老舗生地メーカー「FOX BROTHERS」社のチェック柄ウールを特別に使ったコートとスカート。赤を効かせたグレンチェックを定番のトレンチ型に仕上げたコートは、着るほどに体になじみ、経年変化を楽しむことができる一枚です。

大草 直子

NAOKO'S コメント

チェック柄というとおじさんっぽさ、学生っぽさが味だったりますが、今回はコートアップで着て、クラシカルな女優をイメージしたコーディネートに。コートもスカートもプレーンなデザインだから、長く愛用できそうです。


新鮮だけど、ベーシックなグリーンのウールコート

 
 

グリーン、ブラウン、ネイビーとダークトーンを揃えたコーディネート。首元に巻いたカシミアストールのライトなグレーが抜け感を演出。グリーンとブラウンのチェック柄パンツは前回のコーディネートにも登場したスコットランドLOCHCARRON社の素材。コート¥59000、ニット¥19000、パンツ¥29000、ストール¥29800、バッグ¥34000/23区(オンワード樫山) その他/スタイリスト私物

ベーシックカラーのように着られそうな深みのある落ち着いたグリーンのウールチェスターコート。イタリア「MOESSMER」社の、強く圧縮をかけたジャージー素材で、軽くて伸縮性もあるデイリーに着たくなる一枚です。素材の特性を生かすため、あえて裏地はありませんが、ゆとりのあるシルエットなので、着脱もスムーズ。

大草 直子

NAOKO'S コメント

大好きな深みのあるブリティッシュグリーン。ダークトーンなので、カラーコートと意識せず、幅広く着こなせるコートです。たっぷりと長さがあるので、パンツでもスカートにも合わせやすい一枚です。

 

YUKA × NAOKO FASHION TALK

大草 板谷さんはご自身もお好きだからだと思いますが、本当にトラッドがお似合いですよね。カジュアルなコーディネートも、クラシカルな着こなしも、想像以上で嬉しかったです。
板谷 ありがとうございます。どれもプライベートでも着られそうなコーディネートばかりでした。 
大草 今シーズン、買ったモノや着てみたいものってありますか?
板谷 まだチェックしきれてないんですが、こっくりとした色は気になっていて。柿色のアウターを買いました。
大草 私、からし色のアウター買った(笑)。ふたりとも色が気になってるんだね。
板谷 この秋におすすめはありますか? ぜひスタイリストさんのアドバイスいただきたい!
大草 今回も着ていただきましたが、トラッドでメンズライクなアイテムをMIXしたコーディネートがやっぱり今年はおすすめ。イメージは、映画『アニー・ホール』のダイアン・キートンの演じたアニーのファッション。
板谷 ありがとうございます。参考にさせてください!



トラッド好きを鷲づかみにするフェアアイル柄ニット

 

柄ニットはコンパクトなシルエットでボートネックになっているので、着こなしやすい一枚。スカートはフロントの中央に配したボタンがポイントに。ニット¥19000、スカート¥21000、帽子¥7900、シャツ¥17000、シューズ¥25000/23区(オンワード樫山) その他/スタイリスト私物

「23区」オリジナルのフェアアイル柄のニット。衿元や袖口から白シャツをのぞかせたトラッドな着こなしに、膝下丈の体とスカートを合わせて女性らしさをプラス。タイトススカートですが、ほどよく厚みのあるフランネル素材なので、体のラインを拾わず、安心して着られる一枚です。

大草 直子

NAOKO'S コメント

タイトスカートや薄手のグレーストッキングを合わせて、トラッドな着こなしの中にも、ほどよく女性らしさをプラスしました。アクセサリーは、さりげなく存在感がある上品なパールのピアスだけに。

 

<INFORMATION>

25周年を迎えた「23区」から
スペシャルなアウターが続々登場!

最初に紹介したコートの色違いのチェック柄トレンチ。コート¥86000、二つ目に紹介したコートと同素材のミドル丈のネイビーコート。コート¥46000/アンタイトル

25周年を迎えた「23区」のスペシャルな限定アイテム。今月はアウターが登場! 素材や色、柄ともに世界中から選び抜かれた素材で、今年らしい着こなしに合わせやすく、かつ長く愛せるベーシックなデザインが豊富です。


11月3日から、全国の23区店舗でコートフェアがスタート。
詳しくはこちら>>

ずっとトラッドが大好きな人も、トレンドのチェック柄にトライしたいなと思っている人も、大人が着たい、心躍るトラッドが揃う「23区」に足を運んでみてくださいね。

23区 公式サイトはこちら>>
25周年特設ページはこちら>>
オンラインショップはこちら>>

提供/23区(オンワード樫山)
tel. 0120−586−300

モデル/板谷由夏 撮影/YUJI TAKEUCHI (BALLPARK) スタイリング/大草直子(編集部)
ヘア/Dai Michishita メイク/佐々木貞江 構成/幸山梨奈、川良咲子(編集部)