2017.9.16

「今」着たい、ボリュームスリーブシャツ

うろこ雲が広がる青空、本格的な秋の到来を感じさせる今日この頃です。涼しさも増し、少しずつ秋らしい装いが楽しみになってきました。

この季節、何着るか悩みどころの一つ。Tシャツも飽きたし、定番化されたおしゃれにマンネリを感じている人も多いのでは?

そんな悩みを打開すべく、この秋注目したいのは、ボリュームスリーブのシャツ。

ボリューミーな袖がフェミニンなスタイルを確立する一枚。
独特なバランス感が楽しいビックシルエットのシャツ。手が隠れるほどの袖丈が「今」の気分。
私も購入したHouse _Communeのコットンブラウスは、すでに大活躍。

着慣れていないと、袖がソースの中に突っ込んだとか、仕事中ジャマでしょうがない・・・というハンディーはつくものの、この可愛さといったら、その壁越えてでも着たくなってしまうもの。

ドレープやパフ感のあるようなエレガントなものから、手が隠れるほどの超ビッグシャツなど、独特なフォルムで着るだけでスタイルが完成してしまうような名作揃いの今シーズン。

 

(左)ブルーのビッグシルエットシャツ/フィガロ パリ (右)ハイネックシャツ/ドリス・ヴァン・ノッテン

この秋に早速手に取ったのは、修道女のような少しゴシックな香りがするドリス ヴァン ノッテンのハイネックシャツと、ビックカフに一目惚れしたフィガロ パリのメンズライクなシャツ。 

気温の変化が著しいこの季節、ジャケットの出番はまだ早すぎるけど、上から羽織るのは勿体無い“主役級シャツ”は、まさに「今」着たいアイテム。

マンネリ化したコーディネートを変えるのに一枚あると便利です。

ドリス ヴァン ノッテンらしいボリュームたっぷりの袖と胸元からウエストにかけてダーツが美しく入ったブラウス。ロングスカートなどクラシカルな装いも素敵ですが、一つ間違うとメリーポピンズチックになりかねないので要注意。
フィガロ パリのビッグカフシャツは、一見着こなしが難しそうに見えますが、インでもアウトでもボトムのバランスによって色々着回しが効く万能アイテム。メンズライクに独特なシルエットを楽みたい、まさに旬な一枚です。色違いで購入してしまったほどお気に入り。