LIFE

延命治療を拒否するタイミングについて知りたい。

2017.9.24
ロロさんからの質問
Q.
延命治療を拒否するタイミングについて知りたい。

60代の義父が肺癌で闘病中です。既に骨転移があり、治療は効果がないとのことで、緩和ケアに移行しました。そこまで本人は、弱音も吐かずに前向きに耐えていましたが、モルヒネ投与が開始されてから間もなく、これまでにないほどの痛みに。食事が取れない状態になってからは、トイレカテーテルや酸素マスクを本人が外そうとするのを止める戦いです。もう会話もできないほどなのですが、意識はあり、痛みにうめきながら「外してくれ」と目で訴えてきます。痰を取るとき暴れるのを抑えつけていると、自分も苦しみに加担しているようで、義父は「裏切られた」と思っているような気がしてなりません。急性期病院の緩和ケア病棟の現実を知りました。今後もし実の親が癌になり、助かる見込みがないときは、点滴も尿道カテーテルも酸素マスクも希望しないように伝えたい、と考える一方で、延命治療を拒否するタイミングの判断も難しいと感じています。どうかアドバイスをお願いします。(43歳)