5
12/1 UP!

大草直子が太鼓判! Demi-Luxe BEAMSのシーンを選ばない美人コート [PR]


9月から毎月お届けしてきたDemi-Luxe BEAMSの連載。いよいよ今回が最終回になります。フィーチャーするのは、これからの季節に欠かせない”コート”。コーディネートの一番外側に羽織るうえ、大きな面積を占めるコートは、冬のおしゃれを左右するアイテムです。今回は、忙しい大人の女性の毎日を支えてくれる、大草編集長選りすぐりのコートを3着ご紹介します!

着回しの鍵は丈感。なりたい印象は色に託して

 

ファッションアイテムのなかでも”大きなお買い物”になるコート。せっかく買い足すなら、”これさえあれば”という、シーンを超えて着られる一着が欲しいですよね。そんなコート選びで大切なのは丈感ちょうど膝が隠れるくらいの丈なら、どんなパンツやスカートと合わせても、バランス良くまとまります。自分の”なりたい印象”は色で表現を。おすすめは明度の高い色。たくさん着込む冬は、コートを明るい色にしてあげると、ぐっと軽やかでフレッシュになります。もちろん、ハンサムな着こなしが好きな場合は濃い色でもOK。その場合のいち押しはカーキ系の色味。ネイビーやグレー、ブラックなどベーシックカラーのほか、トレンドのブラウンやボルドーとも相性抜群です!


 マルチな着こなしが楽しめるリバーシブルコート  
2枚の生地を貼り合わせたダブルフェイスのコートはリバーシブル仕様。肌触りも柔らかく、驚くほど軽いので、一日中着ていてもストレスを感じません。さらに、同素材のストールもついているので、計算いらずで、”あったかおしゃれ”な着こなしが楽しめます。今回は、ライトグレーを表にしたオンとオフの着回しに加え、ホワイトを表にした3パターンの着こなしを大草編集長にレクチャーしてもらいました。

【STYLE 01】
アウター込みで明度を上げたクリーンなカジュアルルック

 
 

コート¥58000/デミルクス ビームス ニット¥36000/ルトロワ パンツ ¥37000/フォンデル ピアス ¥12000ピアス¥11000/ファリス ミュール¥30000/ジャラン スリウァヤ×デミルクス ビームス バッグ¥33000/エスター エクミ その他/スタイリスト私物 お問い合わせ先はこちら>>

NAOKO'S コメント
このコートは、程よくゆとりのあるボクシーなシルエットなので、ボリュームのあるワイドパンツとも好相性。今年らしい縦長のシルエットが完成します。インナーをホワイトで統一し、コートもホワイトから淡いグレーへとつながる、ホワイト8割のコーディネートは、顔色だけでなく、表情まで明るく見せてくれるので、休日のカジュアルにおすすめ。バッグやシューズなどの小物でブラックを差し込んだのもポイント。この小さなブラックが、着こなし全体の輪郭をシャープに縁取ってくれるのです。

 

【STYLE 02】
インナーの甘辛バランスをコートでつないだオンスタイル

 
 
 

コート¥58000ブラウス¥16000ピアス¥5000/デミルクス ビームス パンツ¥33000/インコテックス リング ¥8000/フィリップ オーディベール スカーフ¥7000/マニプリ パンプス¥39000/ロランス バッグ¥26000/トフ アンド ロードストーン お問い合わせ先はこちら>>

NAOKO'S コメント
マニッシュなピンストライプのパンツに、光沢のあるとろみ素材のブラウスを合わせたオンスタイル。クールなボトムスとフェミニンなトップスをつなぐ、バランサーの役割をノーカラーコートに託して。エレガントでありながら、今っぽいシンプルさを持ち合わせたデザインなので、世代や性別を問わず、信頼度の高い着こなしになります。今回はインナーの長方形フォルムに合わせて、コートのフロントを開けましたが、お手持ちのベルトでブラウジングしても◎。マンネリしがちなコートスタイルの新しい表情を楽しめます。

 

【STYLE 03】
ダスティピンク×ホワイトで大人の“しゃれ甘”を満喫

 
 
 

コート¥58000ベスト¥21000ピアス¥15000/デミルクス ビームス スカート¥24000/オーラリー パンプス¥46000/ペリーコ×デミルクス ビームス バッグ¥28500/ジャンニ ノターロ お問い合わせ先はこちら>>

NAOKO'S コメント
ヴィンテージライクなダスティピンクとホワイトを掛け合わせた、ほんのりスイートなスタイリング。甘さが前に立ちすぎないように、シルエットはシュッとした細身のIラインに。重ねるアイテムが多くなる冬は、こんな風に敢えて色を絞って、”素材感”の違いでメリハリをつけてあげると、ぐっと洗練度が高まります。コートの裾からスカートがのぞくバランスも旬。難易度が高く思われがちですが、着心地も見た目も軽やかなリバー仕立て、かつ淡色のコートなら、トライしやすいはず!