title
8

Sサイズ編集部員をスタイリスト川上さやかさんがパーソナルスタイリング

Sサイズのファッションのお悩みに、身長154cmのSサイズスタイリスト川上さやかさんが答える短期集中連載。8回目となる今回は、ミモレ編集部のSサイズ、身長151cmのバタやんこと川端&同じく身長151cmの片岡が、川上さんのパーソナルスタイリングで悩みを解決し、大変身します!


身長151cm、mi-mollet編集部 川端の悩み

Q .今っぽい長め丈ジャケットを着こなしたい!

「今季のトレンドである長め丈のジャケットを新調したのですが、私の身長ではもて余し気味…。お父さんのスーツを借りているみたいに見えてしまうのが悩みです」


スタイリスト川上さやかさんのパーソナルスタイリングで悩みを解決!

 

 

A1.ハイウエストのカラースカートで、バランスをアップさせて!

スカート¥34000/ラシュモン、サンダル¥35000/チェンバー(デミルクス ビームス 新宿) その他/本人私物

「ロング丈のジャケット×太めでレングスも長いパンツという、川端さんのBeforeの着こなしは、川端さんのキャラクターに合っていて、おしゃれだと思います。ですが、すっきり見せるには、ひと工夫したいところです。

川端さんは、ジャケットにシャツを合わせることが多いとのことなので、今回はまず、ボトムをすっきりとしたものに変えることで、ジャケットの長さが気にならなくなる方法を提案したいと思います。

取り入れるボトムは、旬のハイウエストのスカート。高いウエスト位置でバランスを上げるのはもちろん、パッと目をひくきれいなグリーンにすることで、より軽やかな印象に見えます。カラースカートをはく場合、赤やピンクなどの暖色系よりも、グリーンやブルーなどの寒色系のほうが、Sサイズをすっきり見せてくれる効果は高いと思います。また、このジャケットに合わせる場合、スカートはぜったいタイトなシルエットのものが鉄則です。

ちなみにこのスカートは、日本人の平均的な身長の方が着ると、ふくらはぎ丈になると思うのですが、Sサイズなら、足首がすっきり見えるロングスカートとして活用できますよ。

仕上げに、そでは、たくし上げて腕を出し、足元は抜け感のあるヒールサンダルにすることで、さらに全身バランスをアップ。ジャケットの長さも気にならなくなったと思います」

 

ワンポイント テクニック!
「ジャケットのそでをたくし上げるときは、シャツのカフスも出しながら、一緒に上げて。ジャケットのそで口からのぞく白が抜け感となって、ダークカラーのジャケットを軽快な印象に仕上げてくれますよ」

川上さんのパーソナルスタイリングを受けて…
Comment by 川端

「長めのジャケットに長めのスカートを合わせるという発想はありませんでした。マニッシュなテーラードジャケットが女っぽく着られて嬉しい♡ 華やかなシーンにも自信がもてますね。ジャケットが活躍する日が増えそうです!」


A2.ジャケットとインナーの色をそろえて、全身を2色に抑える方法も有効です!

カットソー¥9900/エイトン・時計¥37500/ラーソン&ジェニングス(デミルクス ビームス 新宿) その他/本人私物

「川端さんらしい、ジャケット×マニッシュなパンツの組み合わせを生かすなら、インナーを替える方法もあります。Sサイズの私もよく使うテクニックで、前回の記事でも少し紹介しましたが、洋服の上下の色を同じような色味でつなぐ方法です。さらに、色数を2色に抑えます。全身ワントーンよりはメリハリがつくのに、すっきり感は十分に感じられるんです。

インナーをジャケットと同じ黒のカットソーにチェンジ! 靴はフラットシューズのままなのに、たちまちバランスがアップして、全身がすっきり見えますよね? この簡単なテクニック、ぜひご活用ください!」

 

ワンポイント テクニック!
「インナーは、Sサイズなら詰まったネックラインのものを選んでください。デコルテを見せるほうがすっきり見えると思っている方も多いと思いますが、川端さんの2枚の写真を比べてみてください。クルーネックのほうがバランスがいいですよね? Sサイズの場合、デコルテを見せることで、間延びして、バランスが下にさがってしまうことがあるんです。ぜひ、ご自身でも見比べてみてくださいね」

川上さんのパーソナルスタイリングを受けて…
Comment by 川端

「ジャケットの中はシャツかブラウスと決めつけていたところがあったので、カットソー合わせは新鮮です。しかも、胸元が少しあいたカットソーの方がスッキリして見えると思い込んでいましたが、写真で見ると違いが明らかですね。色使いを抑えること、詰まったネックラインのトップスを選ぶことは、ジャケット以外のコーディネートでも応用できそうです」



身長151cm、mi-mollet編集部 片岡の悩み

Q .オケージョンシーンの着こなし。背が低いから、ワンピースはひざ上丈がいいと思い込んできましたが、ミモレ世代は果たしてこれでいいの? と不安に…

「友人の結婚式やパーティに着ていく、オケージョンワンピース。着る頻度が少なく、まだ着られるからと、いつ買ったか忘れてしまったほどのワンピースを今も着ています。若いうちは、Sサイズだからひざが見える丈! と思って、なんの疑問も持たずに着ていたのですが、久しぶりに着てみると…なんだか短い? でも、Sサイズだから、ひざ下丈の長い洋服を着るのはどうしても不安で…。いったいどうすればいいんでしょう?」


スタイリスト川上さやかさんのパーソナルスタイリングで悩みを解決!

 

 

A.Iラインのワンピースを選べば、Sサイズが大人っぽく見違えるし、長め丈も気になりません!


 Style1 
黒のIラインワンピース

ワンピース¥26000/デミルクス ビームス、イヤリング¥19000/イリスフォーセブン(デミルクス ビームス 新宿) その他/本人私物
 

「顔立ちがかわいらしい片岡さん。そでにフリルのディテールがあって、丈も短めのワンピースを着ても違和感はないのですが、少し子供っぽく見えてしまいますよね。ミモレ世代なら、“大人の色気”を醸し出せるIラインの長め丈ワンピースにぜひトライしてみてください。

Beforeと比べて、ワンピースは同じ黒色、バッグと靴も変えていないのに、すっかり大人の余裕を感じる素敵な女性へと見違えましたよね。6回目の記事で、私はワンピースなら、Iラインしか着ないと書きましたが、Iラインのワンピースは、どこにウエストがあるか、どこに腰があるかをカモフラージュしてくれるから、Sサイズの体型カバーに役立つ便利なアイテムなんですよ。

仕上げには、縦長デザインのイヤリングを選んで、さらにすっきり感を高めるのが正解です」

 

ワンポイント テクニック!
「長め丈が気になるという方は、サイドスリット入りを選ぶといいですよ。動くたびに、足の素肌感がのぞくので、重く見えませんよ」
 

 Style2 
黒グレイッシュブルーのウエストぺプラムワンピース

ワンピース¥26000・バッグ¥17000/デミルクス ビームス、サンダル¥43000/バルダン(デミルクス ビームス 新宿) その他/本人私物

「Style1の黒のシンプルなワンピースもとってもお似合いだったのですが、片岡さんのふだんのファッションを拝見すると、もう少しフェミニンなテイストがお好みかなと……。そう思って選んだのが、こちらのグレイッシュブルーのワンピースです。ワンピースのベースはすっきり見えるIラインですが、ウエスト部分にペプラムのディテールがあるので、女性らしさが感じられます。デザインがフェミニンな分、色はくすみ感のあるシックなものをチョイス。こちらもとっても素敵です!」

 

ワンポイント テクニック!
「ワンピースのウエスト部分にフェミニンなぺプラムデザインが効いているので、アクセサリーはあまり盛らないほうがすっきり見えます。ネックレスは短めを選んでくださいね」

川上さんのパーソナルスタイリングを受けて…
Comment by 片岡

「これまで、Sサイズ=ひざ上丈と信じてきたので、実際に着る前は、絶対に私には長すぎると思っていました。でも、鏡を見たら、案外長めの丈でも大丈夫だと気づくことができました。“ふくらはぎに布が当たる”というのはとっても新鮮ですね(笑)。それにこれまで、Sサイズはウエストマークしなきゃと思っていたので、こんな細身のIラインの服を着たのは初めて。川上さんに選んでもらったワンピース、今すぐ買わなきゃです!」

PROFILE 川上 さやかさん

大手金融会社のOLからスタイリストに転身した異色の経歴の持ち主。シンプル&ベーシックな中にも上品な女らしさが光る、リアルな通勤コーディネートが人気。身長154㎝。Instagram:@sk_120


・第1回「Sサイズスタイリスト川上さやかさんが「辛口シンプル」な服を選ぶワケ」はこちら>>
・第2回「身長がSサイズ=服もSサイズという考えを捨てると、服がきれいに着られる」はこちら>>
・第3回「Sサイズでもワイドパンツがはけるんです!」はこちら>>
・第4回「マキシスカートもSサイズでも楽しめます!」はこちら>>
・第5回「ヒールで底上げなんてしなくていい! ワイドパンツもマキシスカートもフラットシューズでいいんです」はこちら>>
・第6回「Sサイズがサイズ直しなく買ってすぐ着られるブランドはここ!」はこちら>>
・第7回「Sサイズの魅力を生かす夏コーディネート」はこちら>>
・第9回「Sサイズスタイリスト川上さやかさんが小柄さんのファッションの悩みに答えます」はこちら>>

お問い合わせ先/デミルクス ビームス 新宿
tel. 03-5339-9070


撮影協力/デミルクス ビームス 新宿
撮影/目黒智子(人物)、武藤 誠(静物)
スタイリスト/川上さやか ヘア&メイク/桑野泰成
構成/高橋香奈子