昨年の暮れも押し迫った頃に、『ブスのマーケティング戦略』(文響社)というインパクト大のタイトルで初書籍を刊行した税理士の田村麻美さん。「ブスだからといって何かを諦めるのは違う。ブスでも戦略さえあれば夢は叶う!」という信念のもと、「幸せな結婚」と「経済的自立」という2つの目標を達成。現在も次なる目標の実現に向け着実にステップアップを重ねています。タイトルにこそ、昨今、炎上ワードとなってしまった「ブス」と謳っていますが、根底のテーマは「何かを言い訳にせず、きちんと行動さえすれば夢は叶えることができる!」というメッセージが込められています。多くの女性が、子供がいるから、働いた経験が少ないから、あるいは仕事が忙しいから……と自分のやりたいことを諦めている昨今。田村さんが自身の経験から構築した、夢を夢物語で終わらせないためのマーケティング戦略論をお届けしたいと思います。

田村麻美 1984年生まれ。埼玉県出身。立教大学卒業。同大学院で経済学研究科博士課程前期課程修了。2015年に東京都足立区にTRYビジネスソリューションズ株式会社を設立し、税理士として活躍中。また早稲田大学ビジネススクールに在籍中。ブログ「足立区の女性税理士 田村麻美.com」が「税理士なのに面白い」と話題になり、昨年12月に初の書籍『ブスのマーケティング戦略』(文響社)を出版。夫、娘の3人家族。


「自分の棚卸し」をおこなおう


小学生のときに「自分は見た目を武器にできる人ではない」ことに気づいたという田村麻美さん。その後時代は、織田裕二さんと鈴木保奈美さんの『東京ラブストーリー』、木村拓哉さんと山口智子さんの『ロングバケーション』といった恋愛ドラマ大隆盛期に突入。そこから「こんな素敵な恋愛がしたい! いい男と結婚したい!!」と強く夢見るようになります。

「そこでどう行動したか、という本題に入る前に、“ブス”という単語について少し説明させてください。美醜というのは好みによって差が出るもので、その定義は難しいものです。しかし私は今、大学院で『日本における外見要素が所得に与える影響の分析』を研究テーマとしていることもあり、“美人”と“ブス”をある程度数値化する必要がありました。ただそれは研究のための方法で、ここでその数値を挙げてもピンときにくいもの。そこで今回の本ではブスの定義を、分かりやすく『見た目を武器にできない人』とさせてもらったんです。そのうえで客観的に見たとき、自分は何もしなくても素敵な男性と結婚できるような容姿の持ち主ではない……、けれど諦めたくはない!と思うようになった次第なんです」

そうして田村さんが一番にとった行動が、“自分の棚卸し”でした。

「年齢、出身地、学歴、経歴、見た目、人柄、趣味……、自分を商品と考え、自分の持っているものを洗いざらい書き出してみました。すると、自分の目標に対して自分に足りないものが見えてくるんです。私の目標は素敵な男性と結婚することでしたが、それが叶わない可能性も高いので経済力も身につけておきたい、というもの。そこで合コン活動に精を出しつつ、同時に経済的自立のための戦略も練り始めたのです」

自分の棚卸し作業は、自分にないものをハッキリ突きつけられるだけに、かなり痛みを伴うものではあります。でもこれをおこなわないと、なりたい自分と現実の自分がどんどんズレていく、と田村さんは言います。

「たとえば年をとると、ついつい自分の裸をきちんと鏡で見ようとしなくなりますよね。その結果、自分が一番イケていたときのイメージのまま洋服も髪型も選んでしまい、『あの人若作りだよね』となってしまったり、どこか時代遅れな人になったりする。やりたいことも同様で、武器がないまま始めてしまうと、まわりの評価と自分の評価がズレてしまって、『こんなことをしたいわけじゃないのに……』『何か違う』と自分が辛くなってしまいます。たしかにありのままの自分と向き合うのは辛いものがありますが、そこから逃げていなければ、もしかしたら今頃はもう夢が叶っていたかもしれない。そう思うと、私は『もったいない!』という気持ちのほうが勝ったんです」

 
  • 1
  • 2