太る原因はいろいろありますが、それほど食べていないのに太ったり、なかなかやせないという悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか? 簡単ダイエットの専門家、藤井香江さんは著書『朝ジュース×夜スープダイエット』で、やせない原因のひとつに腸の汚れと栄養不足があるとおっしゃっています。そこで藤井さんに美しくやせるためのポイントと、栄養価が高いことで知られる甘酒を使ったレシピを教えていただきました。


腸の汚れが脂肪の燃焼を妨げ、栄養不足が蓄積を招く?!


やせない原因①
高脂肪・高たんぱくの食事や過食が続くと、消化しきれなかった食べ物が腸にたまり、それが悪玉菌を増やしたり、腸内で有毒物質を発生させる原因となります。また、食品添加物や残留農薬、汚染された魚介類や水道水、たばこなどに含まれる有害ミネラルなども、私たちは知らず知らずのうちにからだに取り込んでいます。こうした老廃物や毒素、有害物質などの汚れがヘドロのように腸に溜まった状態では、いくらからだによい栄養を摂ってもきちんと消化、吸収することができません。その結果、太りやすくなってしまうのです。

やせない原因②
やせないもうひとつの原因に「栄養不足」があります。栄養バランスの悪い食事を続けると、代謝をあげるために必要な栄養が不足し、太る原因になってしまいます。とくに野菜に含まれるビタミンやミネラルは代謝を助ける働きがあるので、これらの栄養素が足りなくなれば脂肪をスムーズに燃やすことができず、余った脂肪はからだに蓄積されてしまいます。
やせやすいからだを手に入れるには、まず腸をきれいにすること、そしてやせるために必要な栄養素をきちんと摂ること。この2つは美しく健康的にやせるために欠かせない、大切な要素なのです。

【トマトジンジャー甘酒】

 

優しい甘さのトマトジュース。飲む点滴といわれる甘酒とトマトの相乗効果で脂肪を燃やし、代謝アップ。

 材料 

・トマト……小1個(100g)
・甘酒(米麹)……100ml
・しょうがのすりおろし……少々

 作り方

1.トマトは皮つきのままおろし器ですりおろす。
2.器に甘酒を入れ、1としょうがを加えてよく混ぜる。

【不眠解消 春菊と豆腐の甘酒鍋】

 

不眠は、内臓脂肪を燃やす成長ホルモンの働きを妨げます。そこで、睡眠を誘う成分を含む豆腐と春菊を使い、甘酒の風味が心を癒すリラックス鍋のレシピを紹介します。

 材料 

・春菊(4cm長さに切る)……4本
・豆腐(一口大に切る)……1丁
・長ねぎ(4cm長さの斜め切り)……1本

<昆布だし>
・昆布(5cm角)……1枚
・水……200ml
・甘酒(米麹)……200ml

<ごま甘酒だれ>
・甘酒(米麹)……大さじ1
・すり白ごま、しょうゆ……各大さじ1/2
・好みでゆずこしょう、塩昆布……少々

下準備
・長ねぎはオーブントースターで両面に焼き色がつくまで5分ほど焼く
・たれの材料は混ぜ合せておく

 作り方 

1.昆布だしをとる。耐熱容器に昆布と分量の水を入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジで1分30秒ほど加熱し、昆布を取り出す。
2.鍋に1、甘酒を入れてよく混ぜ合わせ、ふたをして中火にかける。
3.沸騰したら豆腐、長ねぎを加え、豆腐がぐらっとしたら春菊を加え、春菊がしんなりしたら火を止める。ごま甘酒だれやゆずこしょう、塩昆布をつけて食べる。

体内の毒素を排出するデトックスと脂肪燃焼の2ステップで、今度こそ、「やせるからだ」を手に入れましょう!

 

その他のジュース、スープのレシピはこちらからもご覧いただけます。
「栄養満点」キレイに健康的に痩せる朝ジュース×夜スープダイエット
体の悪循環を断ち切る!腸の老廃物を押し出すデトックスレシピ
痩せにくい体が変わる!脂肪燃焼レシピと食材選びのコツ

藤井 香江(フジイ カエ)

40代から美しくやせる! 簡単ダイエットの専門家。
半年間で20㎏のダイエットに成功し20年以上キープ。ジュースやスープによる独自の食事法を開発し、二度と太らない体質と健康を維持。食べても飲んでもやせる!リバウンドなし! 簡単メソッドが男女年齢問わず好評。
「毎日の暮らしをラクにする」をテーマに雑誌やWEB連載、テレビ・ラジオなど、多方面で活躍中。
著書は『「朝ジュース」ダイエット』『朝ジュース×夜スープダイエット』(ともに講談社)、『フルーツ&野菜のフレッシュジュース』(主婦の友社)など、累計36万部を超える。

 

『デトックス&脂肪燃焼 ダブル効果でやせる! 朝ジュース×夜スープダイエット』

著者 藤井 香江 講談社 1200円(税別)


「朝ジュースダイエット」で20kgの減量に成功した著者が、朝ジュースとともに実践しているのが「夜スープ」。現代の食生活で不足しがちな野菜とフルーツの栄養を「朝ジュース」と「夜スープ」でたっぷり摂ることで、「やせやすい体質」をつくることができるのです。朝は酵素たっぷりの生ジュース。消化に負担をかけず酵素を補うジュースで排泄を促します。夜は具だくさんの野菜スープ。やせるために必要な栄養素を摂り、さらに代謝を高めます。朝ジュースには使いにくい、にんにくや赤唐辛子、ねぎ類など、脂肪燃焼効果の高い食材を摂れるのも、夜スープのメリット。朝ジュースと夜ジュースを両方実践することで、相乗効果によって効率よく「やせるからだ」になれるのです。何をしてもなかなかやせない、ダイエットが長続きしない、という人も、「朝ジュース×夜スープ」で、今度こそ「やせるからだ」を手に入れましょう!

『朝ジュース×夜スープダイエット』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。
講談社くらしの本はこちら>>

構成/生活文化編集チーム
写真/青砥茂樹(講談社)

出典元:https://kurashinohon.jp/862.html


・第1回「著者は半年で-20kg!健康的に痩せる「朝ジュース×夜スープ」ダイエット」はこちら>>
・第2回「デトックス&脂肪燃焼でダイエット!腸の老廃物を出すスープとジュース」はこちら>>
・第3回「栄養不足が痩せられない原因だった!脂肪燃焼レシピ&食材選びのコツ」はこちら>>
・第4回「週末で正月太りを解消!脂肪の燃焼効率があがる2週間集中ジュースダイエット」はこちら>>