久しぶりの投稿です。

てんやわんやな日々を過ごしていたら、いつの間にか年末を迎えていました(笑)

冬本番ですね。

手首・足首、よく首がつく箇所をしっかり温めると良いと言われていますが、着けているのといないのとでは寒さの感じ方が全然違うと思うようになったのは、30代半ばくらいから。冷え性対策としても、ストール・手袋・靴下は実用として必需品。

とはいえ、今では着こなしをワンランクアップしてくれるアイテムとしてバリエーションもかなり豊富で、素材にこだわったり、巻き方でニュアンスを作ったり、単なる防寒というよりコーディネートの一つとしての役割も高くなったような気がします。

日頃から愛用している「アソースメレ」のストールはこの冬も大活躍。以前にも何度かご紹介していますが、日本の素晴らしい技術を持って生み出された素材の素晴らしさには、ただただ感動!

チョイスする色は男っぽい色が多いのですが、ベイシックな色にもマッチするし、子どもぽくなりすぎない。(左2点)ギンガムチェックカシミヤストール ¥28,000(税別)  (右2点)アクセントカラーチェックカシミヤストール ¥28,000(税別)

特に普段何気なく使うカジュアルシーンにぴったりハマるのが、今年大注目の「チェック柄」。下手したら無地より使いやすいかも・・・と思えるくらい使用率の高いアイテムです。

洋服に迷って何も考えたくない朝、シンプルなニットとスカート・パンツだとやっぱり単調に見えがち。そんな時にもチェックを一つ加えるだけでも、随分見え方は変わります。

一つ注意したいのは、正統派タータンチェックを大人が使うと、古臭くなるのが難点。その人の持つテイストや、スタイリングを気をつけないことには少しハードルが高い気がしています。

私も以前に購入しましたが、案外着るものを選ぶと思って今ではタンスの中。選ぶのであれば、クラシカルなイメージになりがちなタータンチェックより、カジュアルを意識したギンガムチェックほうが使いやすいかも・・・と思って手にしたアソースメレのチェックシリーズのストールは大正解でした。

アソー ス メレのギンガムチェックストール。ブラック&ホワイトは一番お気に入り。ベーシックながら新鮮。
ブルーのタータンチェックはデニムとの相性が抜群。顔もとも明るく見せてくれます。
1ポイントアクセント加えたチェックは、ギンガムともまた違った印象に。いたってシンプルなニットとスカートのスタイルもチェックストールが違ったニュアンスに。

オフの日のリラックスしたシーンから日々の単調になるがちなスタイリングにも一役買ってくれそうなストール。これから寒さがまだまだ厳しくなりそうな気配。おすすめです!