23

男性風俗とは違う「癒しのサービス」女性向け風俗の現状とニーズ


女性向け風俗は水面下で増えている

 


もちろん、「セックスレスの悩みだけではなく、セックスを楽しみたい女性のためにも、年々風俗は増えている」という三松さん。
では、実際にどのように女性向け風俗を選んだらよいのでしょうか?

「小さな個人経営から大きな会社規模のまで、さまざまなサービスがありますが、カテゴリーは主に4つです」(三松さん)

1.デート系
性的なサービスだけでなく、男性とデートして食事やお酒を楽しめる

2.添い寝系
男性がベッドで優しく抱きしめ、話を聞いてくれる

3.マッサージ系
男性セラピストによる性感マッサージ

4.レズビアン系
男性だとはまりそうで怖いという方向け、女性セラピストによる性感マッサージ

「値段は平均2万円代~。時間延長やオプションで料金はプラスになります。セラピストや施術の相手は、指名料を払えば年齢か顔など好みのタイプを選べるところがほとんど。
なんとなくホストのようなイメージがある方もいるかもしれませんが、男性の中には、会社員のダブルワーク、学費を稼ぐ目的の学生さんなど、普通の感じの方もいます。
ネットで検索すると山ほどヒットしますが、どんな基準で選ぶべきかが大事なところです。

トラブルに巻き込まれない。性感染症にかからない。個人情報が漏れない。そういった安全性をネット情報だけで見極めるのは、とても難しい。ベストなのは、信用できる知人からの紹介。また、テレビ、雑誌、書籍など、逃げも隠れもできないようなメディアで情報公開されているところは信頼度が高いと思います」(三松さん)

しっかりしたところは、明確な料金制度でプロフェッショナルなサービスを提供し、スタッフ教育も行き届き、高いスキルもあります。メンタルケアも細かく、例えば、施術するホテルに行く前に最寄り駅で待ち合わせし、まずは会話をしながら徐々に心をほぐすといった配慮があるそう。

「中には、利用者の悩みと対応内容、メンタル効果をレポート形式でまとめ、リピートした際に説明してくれる丁寧な対応をするところもあります。私も相談所でカルテを作りますが、まさに風俗版カルテのイメージです」(三松さん)

 

旦那さんとのセックスが叶えられない既婚者。この先、パートナーと出会えるチャンスはないけど、人肌に癒されたいという単身者。そんな女性たちが、ちょっとエステに行く感覚で利用できる、セクシュアル・トリートメントが一般的になる時代が来るかもしれません。
信頼できる、安心できる、女性向け風俗情報については、みなさんのご要望があれば、今後もお届けしていきたいと思います。
ご意見、お待ちしています。

※三松さんに相談を依頼希望の方は、ミモレ編集部にお問い合わせください。

三松真由美

カップル不仲の原因を「性」を通して考えるセックスレス改善専門家
会員1万3000人を超えるコミュニティサイト「恋人・夫婦仲相談所」を運営し、夫婦仲の改善、セックスレス対処法ED予防法を真剣に考える夫婦仲コメンテーター。的確なアドバイスにファンが多く、マスコミ取材や著書の執筆、講演多数。著書『40歳からの女性ホルモンを操る53の習慣』(扶桑社)『夫婦仲がよくなるちょっとした習慣』(中経出版)『夫婦の「幸せ循環」を呼ぶ秘訣』 (講談社)『堂々再婚』(WAVE出版)『モンスターワイフ』(講談社)『夫とは、したくない。』(ブックマン社)他多数。恋人・夫婦仲相談所 LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40suzunet


撮影/浜村達也
取材・文/熊本美加
構成/片岡千晶(編集部)



 

 

ミモレ世代の「性」にまつわる悩みを、プロフェッショナルの方々に相談してみませんか?
ホルモンや更年期など体のこと、セックスやパートナーとの関係、
子供の性教育、など周りには相談できないお悩みを募集します。
また、「こんな企画、特集、インタビューを読みたい」というリクエストも
募集します。

(会員登録の必要はありません。)


たくさんのご応募お待ちしております!


第1回「宋美玄先生と考える「私たち、もっとセックスするべきですか?」」はこちら>>
第2回「更年期以降をすこやかに送るために、「自前」にこだわるよりも大切なこと」はこちら>>
第3回「マスターベーションを教えられる親子関係をめざして」はこちら>>
第4回「デリケートゾーンの新習慣! おすすめケアアイテムをピックアップ」はこちら>>
第5回「セックスの価値観をリセット①「挿入主義から解放されよう」」はこちら>>
第6回「セックスの価値観をリセット②「セックスレスの原因と対策」」はこちら>>
第7回「セックスの価値観をリセット③「自分の性欲と向き合うことの意義は?」」はこちら>>
第8回「10代の性の現状と学校の性教育〜日本の性教育のいまと未来〜」はこちら>>
第9回「家庭でできる性教育ってどんなこと? 〜日本の性教育のいまと未来〜」はこちら>>
第10回「性教育は性の幸福感も語れる多様性を〜日本の性教育のいまと未来〜」はこちら>>
第11回「50歳で見つけた自撮りヌードの道 〜熟女がありのままの女性性を肯定する方法〜」はこちら>>
第12回「性欲との向き合い方に正解はない 〜熟女がありのままの女性性を肯定する方法〜」はこちら>>
第13回「夫婦のセックスレス問題、妻側のリアルな本音【30〜40代読者座談会】」
第14回「「コンドームは最低の避妊具⁉︎」驚きの避妊最新事情」はこちら>>
第15回「中絶は1年で18万件!話題の緊急避妊薬の市販化を求める声」はこちら>>
第16回「「熟年世代の性の実態」を東大名誉教授がレポート 」はこちら>>
第17回「産婦人科医とAV男優が考えた「学校ではできない本当に必要な性教育」とは?」はこちら>>
第18回「正しいマスターベーションのやり方を子供に教えるには?」はこちら>>
第19回「1年続けた女性ホルモン補充療法、いつまで続けるべき?」はこちら>>
第20回「久々の性行為で痛みと出血が。もう性行為はできないの?」はこちら>>
第21回「夫婦の性交時間は10分以下!? データでみる40代、50代の性のリアル4つの事情」はこちら>>
第22回「恋も性も人生もこじらせているあなたへ、読むべき“恋愛指南書”」はこちら>>

  • 1
  • 2