pri-fri さんからの質問
Q.
40代目前。体型の変化でオシャレが楽しめなくなってきた

今年37歳になります。ほんの数か月前まで30代前半の感覚で過ごしていたのですが、ここ最近の自分の体型の変化についていけないでいます。たとえば、これまでピッタリサイズで着ることができていた服が、微妙に合わなくなった気がしたり、自分自身のサイズ感の変化についていけません。体重の微調整等もうまくいかなくなってきたことにも悩んでいます。

「流行のもの」「自分に似合うもの」「自分が着られるもの」「着ても許されるもの」がわからなくなってしまい、オシャレが楽しめなくなってきました。
この変化の時をどう乗り越えたらいいのでしょうか?

mi-mollet編集長 大草直子の回答
A.
体型の変化を、おしゃれを変えるきっかけにしましょう

pri-friさん、こんにちは。
37歳で体型の変化。私もまさに、その時期、同じ悩みを抱えていました。肩が丸くなり、二の腕の後ろや背中にもうっすらと贅肉がついてきます。それなのに、デコルテはそげ、首の筋も目立ってきます。確かに、はつらつとした感じや、軽やかでスポーティなイメージは失われますね。その代り、プラスされるのは、知的さや柔らかな印象。そこを生かせばいいのです。

例えば、私の場合、20代で1度心が離れていたシャツを、30代後半で復活させました。丸くなった上半身、きゃしゃになったデコルテをこれほど美しく見せてくれるアイテムはありません。そして、ヒップ周りや太もものもたつきも気になり始めたので、パンツのシルエットを、ウエスト下にタックが入ったタイプに変更。デニムも、後姿が少しだらしなくみえがちなボーイフレンドデニムは卒業しました。

人間ですから、体型も気持ちも日々変わります。1ミリも変わらない人などいないのです。この変化を、ワードローブの見直しのきっかけと考えましょう。鏡の前に立って、今の自分を見つめましょう。試着を繰り返しましょう。今までの定番を、一度疑ってみましょう。

私も、気持ちや体型が揺れる30代後半を過ごし、42歳の今また、新しいワードローブを構築しています。迷いもありつつ、楽しくて楽しくて!
pri-friさんも、存分に迷ってください。その先には新しいおしゃれが待っていますから。