6月になりました。徐々に日本列島が梅雨に入り始めました。蒸し暑くベタベタした日が続き、夏物のお洋服でも息苦しく感じたりしますよね。

衣がえにちなんだ「更衣」とお名のついたお菓子です。表面の和三盆糖から肌が透けて見える様子が絽の着物を連想させてくれます(とらや製)

着物も裏地がついた「袷」から一枚仕立ての「単衣」に衣がえです。

この単衣の着物は表はピンクベージュ、裏は薄いグレーに染めてあります。表の色がスモーキーがかって落ち着いて見えて、とても重宝に着ることができる一枚です。

帯は夏物にしたほうがより涼しげ(実際涼しい!笑)ですが、オフィシャルな場でしたので袷の袋帯を合わせました。かろうじて涼しく見える色を選んでみました。
真夏日が続く日々に今から戦々恐々です…夏場の和装をあの手この手で工夫して、涼しげな雰囲気をまといたいと思います。

毎日のいろいろ、instagramはこちらから☆