title
30

40代でデリケートゾーン脱毛に挑戦!【ブラジリアンワックス体験リポート】

「ムレやにおいを軽減したい」「老後に介護される時のことを考えて」などの理由で、いまやミモレ世代にとっても身近なものになってきたVIO(=デリケートゾーン)脱毛。とは言え、いざ挑戦しようと思うと、脱毛方法に迷ったり、痛みや恥ずかしさを想像してしまったりして、なかなか一歩を踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、「ブラジリアンワックス脱毛」をご紹介します。日本のブラジリアンワックスのパイオニアでもある「デリケートゾーン専門美容サロン ピュビケアサロン白金台」のオーナー得田由美子さんにお話を伺いながら、ブラジリアンワックスを体験取材してきました!

メインの施術ルームは、ゆったりした空間と窓から降り注ぐ陽射しがリラックスさせてくれます。


まずは「VIO」についておさらい。
それぞれの場所を脱毛するメリットとは?


ブラジリアンワックスの話を伺う前に、まずは脱毛の広告でも頻繁に目にする「VIO」についてお聞きしました。それぞれの場所とそこを脱毛することのメリット、ご存知でしょうか?

【Vライン】
「恥骨上部のこと。実はまったくお手入れをしない状態では、ヘアが下着からはみ出ている人も少なくありません。日本人は欧米人に比べて直毛&長毛な方が多いため、ヘアが上向きに折れ曲がり下着上部からはみ出てしまうことも。」

【Iライン】
「女性器まわり。Iラインのヘアは、個体を識別するにおいを拡散させる動物的な役割の名残とも、下着がなかった時代に衝撃から守るために必要だったとも言われていますが、いずれも現代人には不要なもの。脱毛すれば、雑菌の繁殖を抑えてにおいを軽減できるだけでなく、生理中のムレやかぶれ対策にも効果的です。」

【Oライン】
「肛門まわり。Iライン同様、現代人には不要なヘア。むしろヘアがない方が排泄時も衛生的。また、実は肛門のシワの溝には日頃の拭き残しが固まって溜まってしまっていることも。ワックス脱毛をすることで、汚れともども除去できて、においケアにも有効です。」

得田さんいわく、「なかでも強く脱毛をおすすめしたいのはI・Oライン。どちらもおりものや経血、排泄物などがヘアに絡みやすいため、雑菌が繁殖しやすくにおいの温床になりやすいからです。また、I・Oのヘアが無ければ、俄然、拭き取りやすさやお手入れのしやすさがアップ。皮膚のコンディションも整い、肌が敏感になる更年期以降の不定愁訴も軽減されますよ。」

一方、Vラインに関しては、頭髪同様、自分の好きなスタイルで構わないとも。「人気があるのは、ナチュラルなトライアングル(逆三角形)とすべて無くすヌーディ。トライアングルの大きさや形はスタッフがご相談に乗りますので、レーザー脱毛を考えている場合も、納得のいくシェイプを見つけるために、一度ワックス脱毛を試してみるといいかもしれません。また、夏は俄然、ヌーディが快適。“水着を着ることもある夏は全部無くして、温泉に行きたい冬は少し伸ばす”といった融通を利かせられるのは、脱毛してもまた生えてくるワックス脱毛のメリットです。さらに、一度すべてのアンダーヘアを無くしてみると、黒ずみやかぶれ、シワ、たるみなど、自分のデリケートゾーンの状態が明らかに。お手入れへの意識が変わるという意味でもおすすめですね。」

オリジナルのデリケートゾーンケアアイテムは、以前ミモレでもご紹介したことのある人気商品。デリケートゾーン用の泡ソープや保湿ミルクの他、外出先で使える個包装のウエットシートも新発売。すべてオーガニックにこだわっているそうです。


脱毛&美肌が同時に叶うのは、
ブラジリアンワックスならでは


そもそもブラジリアンワックスとは、ブラジル発祥の脱毛方法。粘着力のあるワックス剤を脱毛したい部分に塗布し、それを剥がすことで毛根から脱毛します。

「レーザー脱毛にないワックス脱毛のメリットは、脱毛と同時に施術部分の肌をケアできること。ワックスを剥がす際に角質も除去できるので、肌がすべすべになり、ターンオーバーも促します。レーザー脱毛が雑草(ムダ毛)根絶を目的とした“除草剤”だとしたら、ワックス脱毛は理想の形に整える“ガーデニング”のようなもの。1本単位で整えられ、一気にきれいにできるので、特に美容好きの方から好まれる傾向がありますね。」

デメリットは、脱毛の効果が永続的ではないこと。通い続けることが必要ですが、その周期は目的に合わせて調整すればよいそう。

「先ほども申しましたが、夏だけ通って頂くのもひとつの手。あとは個人差もありますが、デリケートゾーンを衛生的に保つためなら、膣口にヘアがかぶらない程度を目安に半年に1度くらいで充分です。ただ、見た目の美しさをキープしたい場合は、2ヶ月に1度くらいがベター。いずれにしても、新しく生える時は毛が細くなっているので、全体的なボリュームは抑えられると思います。」

初めての施術は、緊張していらっしゃる方も多いとか。なかでも痛みに弱い方は、交感神経が優位に働く午後の方が痛みを感じにくいそうなので、ぜひ覚えておきたいですね。

施術では2種類のワックスを使用。手前に置かれたオイルは、施術前に肌を保護するのに使います。
奥がハードワックスで手前がソフトワックス。毛の太さや生え方、場所によって使い分けるそう。
  • 1
  • 2