アロマふくさんも時期が来たらお墓の検討を始めるとのことですし、遺言書も書かれたとのこと。これくらい準備しておけば十分だと思いますが、他にすべきことを強いて挙げるとしたら、遺産の分割について、公正証書遺言書を作成して法的に確実にしておくと、尚良いのかなと思いました。というのも、多くのご遺族のお話を聞いてきて思うのは、身内の死後に揉め事が起こる要因は、ほとんどお金が絡んでいるからです。

 

ただ、それは法的に正しいというだけではすっきり解決しませんので、日頃から人間関係をできるだけ良くしておくことも大切なのですが……。私が関わった方の中で、一番少ない額でも揉めたのは、200万円を巡って2年間親族が争ったというものです。その方はハートが強かったので持ちこたえることができましたが、精神状態が悪くなる方も少なくありませんので、揉めそうな親族との関係は、整理しておくかその対策を考えておく。このことは難しいけれど、本当に大事だと痛感しています。

もう一つ、これは今すぐ決める必要はないことですが、知っておいてほしいことがあります。それは、独り身の方の場合、自分が亡くなったときどこの葬儀社に対応してもらうか決めておくことも大切だということ。

ものすごく現実的な話なのですが、人間というのは、亡くなったら法律的には“貨物”の扱いになるので、たとえば病院や施設がしてくれることには限界があるのですね。しかし細菌の感染など遺体にはシビアな問題もありますから、誰でも気軽に動かせるものではないのです。ですから、ご自身が亡くなったときに連絡してもらう葬儀社を決めておくと良いのですが、昨今は葬儀社も業界再編が激しい。今決めても、実際に自分が亡くなる頃にはその葬儀社はもうないかもしれません。

ですから今できることは、そういった対応も含めて助けてくれる友達を見つけておくことです。できたら年下の人がいいでしょう。死に関してはどうしても事前に準備できないことがたくさんありますので、自分の命を預けられるくらいの人間関係を今から築いておいてほしいと思うのです。病気になったり、身内を亡くしたり、死にまつわる出来事が起こるたびに、人間関係はふるいにかけられていくものです。それは時に残念な事態に陥ることもありますが、「早い段階でわかってよかった」と思うこともたくさんあると思いますよ。

PROFILE
 取材・文/山本奈緒子

 

ライフスタイルのお悩み回答者一覧
 
 
  • 1
  • 2