梅雨と夏が一緒に来たかのような天気が続いているニューヨーク。暑さだけなら過ごしやすいものの、湿度も高いため、夏バテ気味のニューヨーカーも多くいるようです。そんな週末の午後に向かったのは、ソーホーのイタリアン、Café Altro Paradiso

 

入った瞬間に感じたのは、エレガントで洗練されながらも、気楽で親しみやすい雰囲気。グルメな人々、ミシュランなどの評価をチェックすると、「美味しいがポーションが少ない。でも充実感を感じる店」ということだったので、二人でいき、アペタイザー4品、パスタ2品をオーダー。多いかなと思いつつ、「パーフェクト・ポーション」とサーバーに笑顔で言われたので、楽しみに待つと、、、、

まずはCROSTINI。一番下のバケットが隠れるほど、たっぷりのパセリとチーズ。パセリの下にはスパイシーなアンチョビ。一口食べると、一気に食欲が湧いてきました!
お肉のケーキ!のような CARPACCIO。程よく上品な厚さでスライスされた牛肉の下には、トリュフ、アルグラ、ポテトがどっさり隠れていました!
OCTOPUS。レモンをたっぷり絞って、ポテトとセロリと共に。数種類のポテトを使用しているから、食感の違いを楽しめる。
大好きなイタリアン・アペタイザーのひとつ、ARANCINI。カラブリア産の唐辛子がピリッと効いたオイルソース(写真左上)と頂くライスコロッケは安定感のある味。
バゲットもおしゃれ。オリーブオイル&バルサミコ酢、カッテジチーズの盛り付け方はすぐに自宅でも実践。


そして、パスタ。ここをオススメする人が、このパスタは絶対食べて! というので、迷わずCANDELE CACIO E PEPEをオーダー。

トスカーナ産の濃厚なチーズとフレッシュなコショウでいただくパスタは、シンプルなのに濃厚。
同店オススメの夏パスタを聞いて、選んだもう1品のパスタは、フレッシュバジルが上品ながらもパワフルに香るpesto。

”アトモスファーが良い”とは聞いていたけれど、百聞は一見に如かず。レストランの雰囲気と料理が、心も体も一気に夏バテを吹き飛ばしてくれました。

シェフは、幼少期に自身の祖母にイタリア料理を教わり、その後「NYイチのパスタ」と言われる有名店 Il Bucoで腕を磨いた実力派。

この夏訪れた素敵な場所は、ありましたか?