大人気「オリエンタル占星術」でおなじみの占い師・水晶玉子さんの2020年大予想。前編につづくこの後編では、女性の2大関心事・仕事(転職)と恋愛・結婚はどうなるのか、教えていただきました。時期や相性などは『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020』を見ていただくとして、ここではすべての人に当てはまる、2020年の運気にうまく乗るために必要な心構えを伝授していただきます!

前編はこちら>>

 

すべての職種で「自分はどう働くか」という意識が必要に

 

水晶さんいわく、2020年は“時代が変わるような大きなうねりのまっただ中。10年後には会社はおろか、その職種さえなくなっているかもしれない、ということを強く意識しておくべき、といいます。

「これは決して、今ある一般的な職種はダメ、ということではありません。どんな職種であっても新しい取り組み方や働き方、技術革新とそれに応じたスキルの取得が必要になる、ということです。もちろん技術を身につけることは強みですが、それを時代に合わせてどう生かすかということを考えるところにビジネスチャンスもやりがいもあるんだと思います。

例えば、先日美容室へ行った際、担当の美容師さんとこんなことを話しました。
これまで美容師には、あらかじめ決められた場所でしか仕事をしてはいけないという規制があったのが、何年か前にその規制が解除され、場所に縛られず施術ができるようになったそうです。それでその美容師さんの同僚の方は地元に帰り、体が不自由で美容室に来られない人の家や、美容室がない過疎地などに出向く「出張サービス」を始めたそう。

 

また技術の発達によって、医療分野ではモニターとロボットを使った遠隔操作での施術などもいよいよ現実味を帯びてきたとか。テレワークどころか、今まで大半がそうだった“お店を構えてお客さんを待つ”という働き方は、これからは選択肢のひとつでしかなくなるかもしれないそうです。

こうした時代の中で大切なのは、会社や職種をどう選ぶより、その仕事で自分は何をしたいか、という意志やビジョンをしっかりと持つこと。『今あるスキルで定年まで働ければいい』なんて気持ちでいると、残念ながらそのスキルが使い物にならなくなる時代は、思っている以上に早く来てしまいそうですよ!」

 
  • 1
  • 2