「どんなことでも、専門家になるには10000時間かかる。だから根気よく取り組んで」という言葉をかけてくれる人生の大先輩がいました。その言葉を10年ぶりに思い出させてくれたのは、ボタニカルビューティーブランドKHUS+KHUSの創業者、クリスティさん。

アーユルヴェーダに出会い、そこから5年以上の旅行、研究と実践を経て、ハーバリスト、アロマセラピスト、ヨガのインストラクターなどの資格を取得し、KHUS+KHUSをコロラド州でスタート。同州はロッキー山脈を含む豊かな大自然と、洗練された街並みが魅力の地。さらにそこから車で一時間ほどのボルダーは、『ロハス発祥の地』として知られ、ヘルスコンシャスな人々に愛される場所。そんな場所で作られるスキンケアなのだから、贔屓目に見ずにはいられません。

数ある商品の中でも、人気はベスト・オブ・セラムと言われるSen Face Serum。環境保全に役立つと認定されたCBDオイル、フレンチラベンダー、フランキンセンス、ベチバーなどを配合。大人ニキビや湿疹、乾燥、アンチエイジングや老化予防に効果的。

フレンチラベンダーとベチバーのエッセンシャルオイルは、ホルモンの分泌を調整しながら、心と体に平穏をもたらし、女性らしさももたらしてくれるそう。様々なハーブと、ほのかに香るフローラルの香りに”ヒーリングセラム”と呼ぶマダムもいるほど。

飽くなき探究心から生まれるスキンケア、試さない手はない! ニューヨークの人気コスメショップ、ホテルなどで取り扱っています。