title
10

お妃候補の外交官・雅子さん、直撃した記者への凛としたコメントとは?

平成2年(1990年)、雅子さんはオックスフォード大学で国際関係論を専攻した雅子さんは、修士課程を終えて6月20日に帰国。外務省での所属は、北米局北米第二課となりました。そこで同僚の男性と同等以上の仕事に取り組んでいたのです。バリバリの女性外交官として着々と実績を積み上げ、浩宮さまとは別々の道を歩んでいくようにも見えました。

配属先の外務省北米第二課課内旅行で熱海へ。写真/宮内庁提供

同じころ、報道各社は浩宮さまのご結婚相手をスクープしようと、しのぎを削っていました。時の流れとともに、何人ものお妃候補が浮上しては、消えていきました。

「小和田さんでは、だめでしょうか」異例の訴えは3回も


浩宮さまは31歳になり、平成3年(1991年)2月23日、「立太子礼」(公式に皇太子に定める儀式)に臨まれました。この日から、浩宮さまは次の天皇となる皇太子になられたのです。

1993年1月、ご自宅にて。写真/宮内庁提供

しかし、浩宮さまは雅子さんへの秘めた想いを断念することはできませんでした。

「小和田さんでは、だめでしょうか」

ついに決心された浩宮さまは、ご自分から宮内庁関係者にこう申し入れをしたのです。しかも皇太子の異例の訴えは、平成3年の1年間だけで、1度ならず3回もあったといいます。

これを受けて、浩宮さまの周りは、水面下で行動を始めました。
藤森昭一宮内庁長官の依頼で、柳谷(やなぎや)謙介国際協力事業団総裁が小和田家への接触を始めたのです。

柳谷さんは外務省のOBで、父の小和田恆(ひさし)さんの8年先輩であり、家族ぐるみの交際がありました。雅子さんが外務省に入省した当時、柳谷さんは外務省の事務次官でした。仲介を依頼した藤森宮内庁長官とも、次官と内閣官房副長官という関係で面識があり、宮内庁と小和田家にとってぴったりの密使だったのです。

その年の日差しのまぶしい8月のこと。浩宮さまと雅子さんは、柳谷さんの自宅で再会を果たしました。雅子さんが海外留学で日本を離れてから、実に4年10カ月の歳月が流れていました。

JR市ヶ谷駅にほど近い、柳谷邸の24畳のリビングルームで向かい合われた浩宮さまと雅子さま。お二人はお互いが留学していたオックスフォード大学の思い出やスキーなどの話題で話に花が咲き、その語らいは夕刻まで続きました。

そして、それから1カ月半後の10月3日。千葉県の新浜鴨場(にいはまかもば)で、浩宮さまは、積もり積もった想いを込めて雅子さんにプロポーズをされたのです。

 

美智子さまから雅子さまへ 三部作1 美智子さまの想いが雅子さまへ 雅子妃誕生
価格 1500円(税抜)


外交官だった小和田雅子さんは、皇太子・浩宮さまに見初められて皇室に入ることに。雅子さまの生い立ちやから皇太子の熱い求愛、ご成婚までの軌跡が余すところなく盛り込まれた作品。雅子さまと同じく、平民から皇室に入られた美智子さまのお姿を交えて描きます。

 

 

美智子さまから雅子さまへ 三部作2 美智子さまもご祝福 雅子さまに愛子さま誕生
価格 1500円(税抜)


涙の流産を乗り越え、愛子さまをご出産された雅子さまの苦悩と喜びのすべてが一冊に。皇室という見知らぬ世界に入り、お子さまを生まなければならない重圧を、雅子さまはどのように乗り越えたのでしょうか。美智子さまから雅子さまに伝える母の想いを織り込みます。

 

 

美智子さまから雅子さまへ 三部作3 美智子さまもお支えに 雅子さまご成婚十年の苦悩
価格 1500円(税抜)


愛子さまをご出産されたのち、適応障害になり長期の療養生活を送られた雅子さま。ご成婚から10年を迎え、病と闘われているご様子に触れた作品です。雅子さまをやさしく包み込む、皇太子浩宮さまと美智子さまの愛に胸打たれます。
 

本文、キャプションは過去の資料をあたり、
敬称・名称・地名・施設名・大会名・催し物名など、
その当時のものを使用しています。
写真/渡邉みどり(クレジットのないもの)
構成/高木香織、片岡千晶(編集部)

第1回「雅子さまの語学力を育んだ「家庭の方針」とは?〜幼少時のアメリカ生活と好きな童話」はこちら>>
第2回「 雅子さまがロシア語を話せる理由〜モスクワでの幼少生活 」はこちら>>
第3回「 雅子さまの小学校時代の作文を公開「ピアノ、スポーツ、生きものがお好きなおてんば少女」 」はこちら>>
第4回「 スポーツ万能の雅子さま「中学時代に熱中したソフトボールとスキー」 」はこちら>>
第5回「ニックネームは「ブレイン(頭脳)」。ハーバード大学で磨きをかける雅子さま」はこちら>>
第6回「雅子さまと美智子さま、二人のプリンセスを育てた名門・雙葉学園の教えとは?」はこちら>>
第7回「雅子さま、40倍の難関試験に一発合格「外交官を目指した理由と憧れの先輩」」はこちら>>
第8回「雅子さまに一目惚れした皇太子さま、3カ月の間に4回の運命の赤い糸」はこちら>>
第9回「雅子さまに想いを寄せる浩宮さまが選んだデートの場所」はこちら>>

  • 1
  • 2