3日目  8時:人参ジュース1杯+三年番茶・梅干し
     10時:補食
     11時:チェックアウト

10時の補食。断食後には本当に御馳走に見えるから不思議!

【感想】4時にすっきりと目が覚める。こんなスッキリした目覚め方は久しぶり。今日で解放(?)されるとわかっているからか、「固形物を噛みしめたい」、「味が濃いもの食べたい」という欲求も朝には減少。補食時の味噌汁に具が入っているのを見ただけで感動してしまいます(笑)! ちなみに、ファスティングはその最中よりも、ファスティングと同じ期間をかけて行うと良いとされている補食(回復食)の摂り方が重要とも言われています。

大根おろし。醤油の偉大さに敬礼したくなります。
ごま塩をかけたお粥。五臓六腑にしみわたります。

チェックアウト時に、梅干し入りの玄米のおむすびを渡されます。帰路、信州の見晴らしの良い場所に車を停め、「おにぎりを食べるのにこんなに時間をかけるか!」というくらい咀嚼をし、お米の甘味を堪能。もう、この美味しさは身震いもの(笑)。

ファスティングを終えて……
ファスティングをすると、普段、いかに娯楽のため、ストレス解消のために食事をしているかが痛感できます。もちろん時に娯楽も必要ですが、毎食が娯楽になってはいけないな、と思うのです。ファスティング後のカラダの軽さと顔色の良さに自己陶酔(笑)しなながら、美味しいもの(特にお肉)で気晴らしをしてしまいがちな自分を猛省。本来カラダが欲しているものを本能的に察知できるヴィヴィッドな感覚を忘れないようにしようと固く誓うのであります。

ファスティング後は、コールドプレスジュース(この日はサンシャインジュース)を代替食として積極的に。左のお水は、「ピンククロス ビューティ ウォーター」。水溶性ケイ素(シリカ)が豊富に含まれています。シリカを体内に取り入れると、コラーゲンやヒアルロン酸を効果的にカラダに取り込むことができるようになるとのことで、デスクの下に常備してあります。

自分のカラダに本来必要なものを必要な分だけーー食事の本来の意味を捉えなおすために、こらからも定期的にファスティングをしていきたいと思います。