フューシャピンクの華やかなドレスで満面の笑みを

ご結婚からおよそ2年半、一般参賀に参加される雅子さま。鮮やかなピンクのドレスはフレッシュな存在感が。ウエスト部分には、2つのリボンがあしらわれています。胸元のブローチで輝きを添えて。1996年1月2日、皇居にて。 写真/講談社

ドレスと同じ、鮮やかなピンクのリップがはじけるような笑顔を彩って。ブローチともマッチした、華やかなパールの指輪、イヤリングで品格を。写真/講談社

 

キャプションは過去の資料をあたり、敬称・名称・地名・施設名・大会名・催し物名など、その当時のものを使用しています。

構成/片岡千晶(編集部)、佐々木奈々子

 

前回記事「【雅子さまファッション】皇室外交の華。エレガントで煌びやかなドレス4選」はこちら>>