クリスマスが終わり、年も明けて通常の生活が始まって一週間以上が経過したニューヨーク。日本人としては、アメリカの割とあっさりした元旦、二日が仕事始めというものを寂しさとともに経験しております。

家族や友人たちが送ってくれた沢山の写真や動画を見ながら、癒された三が日。誰がなんといっても、正月は日本が一番。        Photo: Barbara Kruger, Untitled (We Will No Longer Be Seen and Not Heard), at MoMA

そして、気分を変えたい時に欠かせないのはファッション。気分を上げたい時こそ、お気に入りの服で出かけたいものです。そんな日もそうでない日にも私が愛用しているのはカシミア・アパレルブランド、NAADAMのスカーフ

癒されるほど柔らか〜い肌ざわりが幸せすぎる。日本から遊びに来た友人は私が持っていたのを触って即気に入り、旦那様とお父様用のギフトとしてセーターとソックスを買って帰りました。ソックスもオススメ!

以前はネットでのみ販売していましたが、瞬く間に注目を集め、すでにニューヨークに数店舗を構えています。人気の理由は、今までのカシミアに比べて格段に柔らかな肌ざわりながらもリーズナブルな価格、そしてサステイナブルなプロセスの生産・雇用をしているから。

さらに、近いうちに買おうと決めているのはトラックスーツ。上質のカシミアウェアなら、長時間のフライトも優雅に過ごせそうです。近所への買い物にも活躍しそう、こなれ感も良い感じ。

先日、出張で訪れたサンフランシスコの空港にて、まさにこれを来たミモレ世代の美婦人を発見。それ良い? とさりげなく声をかけると、「最高よ(ウィンク)」と言っていました♫  ©️NAADAM

「足が短く見えそう」と心配な方は、足首を見せてメリハリを出したり、少しヒールのあるシューズを合わせて。セミ、ロングヘアのご婦人は髪をタイトにアップして、シャープなシルエットを作ってみるとクールでこなれ感が出ます。 

オーナーが、アジアを旅行した際に訪れたモンゴルに感動したことをきっかけに生まれたカシミアブランドのNAADAMは、高品質であることはもちろん、買うことで誰かのためになっているという喜びや充実感をもたらしてくれる点でも支持されています。

 

今年も、お洒落でサステイナブルなブランドが益々登場して人気になりそうです。以前にご紹介したAllbirdsと共にオススメする、日常に心地よさをくれるサステナブルなマストバイアイテム。ぜひ店頭で試してみてくださいね!