流れを断ち切るためには、夫と、夫の親との関係性を変える必要があります。今まではおそらく、夫の浮気にも、夫の親の理不尽な言動にも、黙って耐えていたのではないでしょうか? それをやめるのです。そして自分の気持ちをハッキリ伝えて、「あなたたちとの関係性を変えるぞ」という意志を宣言する必要があるでしょう。それによって周囲のaikooさんに対する態度も変わり、aikooさん自身も変わっていけると思いますから。

 

ただし何もないときに突然自分の気持ちを伝えようとしても、難しいでしょう。そこでお勧めなのが、何かの事件が起こるタイミングを待つ、ということです。それは夫の両親が子どものことに口出しをしたときでもいいですし、何か夫婦で口論になったときでもかまいません。今の生活を送っていれば、何かしらあなたの意に沿わない事件は起こるはず。そのときに「私はこう思う、こう生きたい」と、自分の意志をハッキリ示すのです。もちろんハッキリ伝えることで相手はビックリするでしょうし、かなりゴタゴタもするでしょう。そして相手は怒り出すでしょう。その結果、家族の関係性がどういう方向に向くか、それは分かりません。ただ言えるのは、今のまま黙っていたら何も変わらないまま年齢を重ねていくだけ、ということです。

 

ですから、これまで抱いていた夢は一回捨てて、あらためて「自分はどう生きるか」ということを考えてみてください。ご相談内容には「どのように生きたいのか」ということは書かれていませんでしたので、まずはそこを一回考えてみることが大切だと思います。夫は自己破産して弱気になっているでしょうし、夫の両親だってaikooさんに面倒を見てもらいたいでしょう。だからこれまでとは立場が逆転していて、今はaikooさんのほうが強いはずなのです。そのことを認識してもらうためにも、事件を利用して、自身の思いをきちんと伝えるべき。今はそこに向けての準備の時だと思って、自身の生き方についてしっかり考えてください。いわゆる“嫌われる勇気”を出す時です。それが事態を好転させます。
 

PROFILE
  • 齊藤勇心理学者、立正大学心理学部名誉教授。専門は対人心理学と恋愛心理学。分かりやすい講義が人気で、『笑っていいとも!』(フジテレビ)や『それいけ!ココロジー』(読売テレビ)など多数のテレビにも出演していた。著書は100冊以上。『悪用禁止!思いのままに人をあやつる心理学大全』(宝島社新書)、『イラストレート人間関係の心理学』(誠信書房)、『相槌のコツ』(文響社)など近著も多数。 この人の回答一覧を見る
  • 山本 奈緒子1972年生まれ。6年間の会社員生活を経て、フリーライターに。『FRaU』や『VOCE』といった女性誌の他、週刊誌や新聞、WEBマガジンで、インタビュー、女性の生き方、また様々な流行事象分析など、主に“読み物”と言われる分野の記事を手掛ける。 この人の回答一覧を見る
 取材・文/山本奈緒子

 

前回記事「キャラを演じてしまう人は更年期に要注意!外見と中身のズレを埋めてラクになる方法」はこちら>>

ライフスタイルのお悩み回答者一覧
 
 
  • 1
  • 2