淡いブルーのドレスに皇太子妃の品格あるジュエリーを

 

スペイン国王ご夫妻を歓迎する宮中晩餐会に出席された雅子さまは、淡いブルーのドレスをお召しに。ティアラ、ネックレスほか、以前もお召しになった装いとすべて同じアクセサリーを身につけていらっしゃいます。2017年4月5日、皇居・宮殿にて。写真/Gtres/アフロ

 


ご成婚後の「朝見の儀」では3代にわたって受け継がれたダイヤモンドのティアラを

 

ご成婚後の「朝見の儀」には森英恵氏デザインのローブ・デコルテで。「納采の儀(一般でいう結納)」で贈られた織地を使用したドレスはシンプルなシルエットで、3代にわたって受け継がれた煌びやかなダイヤモンドのティアラ、ネックレスが映えます。写真/宮内庁提供

 

雨にもかかわらず約19万人が詰めかけた「祝賀パレード」では、ローブ・デコルテの上に半袖のジャケットをお召しに。バラの花びらをモチーフにした白と金の飾りが襟に施され、華やかでフェミニンな印象。ドレスと同布のハンドバッグを合わせられて。写真/JMPA

 

祝賀パレードの様子。写真/JMPA


キャプションは過去の資料をあたり、敬称・名称・地名・施設名・大会名・催し物名など、その当時のものを使用しています。

構成/片岡千晶(編集部)、佐々木奈々子

 

前回記事「【雅子さまファッション】品あるシンプル&ベーシックなパンツスーツ6選」はこちら>>

 
  • 1
  • 2