決めつけが強いとチャンスをつかめません


kimidayanさんからはほかのお悩みもいただいていて、恋愛のお悩みと根本がつながっているように感じたので、こちらもご紹介させてください。

*****

【人間関係のお悩み】
私は、いつどこにいても職場の上司とうまくいきません。組織という型にはめる奴等が嫌いなのです。どうすればいいですか。

【仕事のお悩み】
仕切るのも仕切られるのも嫌な私にはどのような仕事が適しているのか教えてください。

*****

“組織の型にはめる奴等が嫌い”という表現は、自分を認めてくれない人を敵と見なしているようですし、“仕切るのも仕切られるのも嫌”というのも、会社にはリーダーという役割の人がいて、十人十色の個性ある人をうまく束ねて効率的に世の中を回しているという仕組みを理解できていないように感じました。

今のkimidayanさんは、自分にも他人にも決めつけが強いと感じます。まるで「自分のことを認めてくれないから敵だ!」と手を拳にしているような状態です。そういう時は、チャンスが飛んできても受け取れません。頑なな心は視野を狭くし、怒りも根深くなりやすいからです。まずは頑なな心を開き、決めつけを手放す努力をしてみましょう。拳をやさしく開くとチャンスを掴みやすくなりますよ。

あとは、被害者意識も強いように感じます。被害者意識が強くなると、おのずと心の中に加害者が生まれます。そして自分の身に起こった不幸をすべて加害者のせいにする癖が……。そうするのは楽なんです。自分は成長しなくてもいいから。でも幸せは遠のきますよ。

幸せになりたいのなら、客観的に自分を見て、自分には何が足りなかったか、どうすればよかったのか、手を変え品を変え、生まれ変わるつもりで嫌な皮をはいでいく。人から怒られたとしても、その人を憎むのではなく、学ばせてくれてありがとうという気持ちを少し持ってみてもいいかもしれません。
 

失敗から学ぶには、まず書き出して、気づくこと。


自分を客観視するために、一度書き出すという作業をしてみてほしいのです。
これまで起きたトラブル、何か壁にぶつかったときに、毎回同じようなパターンでつまづいていることはないですか? 書いたものを読み返して、自分が人のせいにしすぎていないか、そしてどこかで努力しようとしたかを確認してみてください。親友がいたら、一度そのノートを見てもらってもいいでしょう。

決めつけるような言葉使いにも注意してください。決めつけは、どんどん自分の視野を狭くしてしまいます。本当は500あった選択肢を、白か黒かの2択に狭めてしまうのはもったいないことです。好きな相手との関係だって、好きか嫌いかの2択では決してないはず。

恋愛は相手があってこそ。ひとりではできません。信頼は築き合うものだし、好きな気持ちは「気づき」あうもの。自分が好きになっても相手が好きになってくれるとは限らないのが恋愛です。自分を客観視して、思いめぐらせて、次の恋愛に生かしていきましょう。

このお悩みは、なにもkimidayanさんだけに限ったものではありません。年齢を重ねるほどに、自分の過去の成功法則に囚われて視野が狭くなってしまうことってたくさんあります。私も失敗したことがあるので、今回のお悩みはすごく勉強になりました。

もし、今後なにか気づきや進展があったら、ぜひまたご連絡くださいね。一緒に人生のセカンドステージを切り拓いていきましょう。

取材・文/宮島麻衣

 

前回記事「夫に拒否されセックスレス。そして不倫……。アン ミカさんが思う「解決策」とは?」はこちら>>

 
  • 1
  • 2