そして私にとって大事なことは、その日の下着のコーディーネートで自分にパワーを与えられるか、ということです。

例えば「今日は勝負日」というような時、お気に入りの下着を着けていれば自分の気持ちを向上させられます。
結婚式などはもちろんのこと、仕事でプレゼンテーションがある日、大切な試験日、面接日……、下着は自分の気持ちを引き締めてくれますし、勇気と自信を与えてもくれます。
また反対にリラックスもさせてくれます。下着のコーディーネート次第で、自分の感情をもコーディネートすることができるのです。

まずはたくさんのブランドを試着してみてください。
どんなに素敵なデザインでも、自分の体に合わなかったり、素材が肌にしっくりこなく痒みが出たりするようなものは選ばないのが基本です。

私はブラジャーの背中側の素材が肌になじまなかったり、ワイヤーが硬すぎることがあります。いろいろと試しているうちに、フランスのブランド、エレスが私に一番合っているとわかりました。
とくにハーフカップが私の体にぴったり。そしてブラジャーの肩紐が落ちてきにくいことも大事なポイントです。

エレスの上下お揃いのコーディネート

ショーツもエレスでお揃いのものを買っています。ブラジャーとは違う生地や色でコーディネートを楽しみますが、形は基本的にお尻を大きく包んでくれるタイプを。

エレスの素材違いのコーディネート

運動をするときなどは、無印良品のオーガニックコットンのボクサーショーツが欠かせません。

エレスと無印良品のコーディネート

ラ・ペルラのシルクのショーツは寝間着としても、週末にリラックしたいときにも欠かせません。

エレスとラ・ペルラのコーディネート

私にとって最も特別な日のショーツは、カリーヌ ジルソンのシルクとレースのコンビネーション。
あまりにも繊細なので、洗濯で何枚もボロボロにしてしまいました。

 


前回記事「最高のイベリコ豚の生ハムを買いに、スペインにドライブ」はこちら>>

 
  • 1
  • 2