6

風の時代の開運3大要素は、「感謝」「先祖供養」「吉方位」!【占い師・木下レオン】

0

吉方位の開運効果は
「1、4、7、10、13の法則」で考えましょう

 

3つめは、行動を起こすときの指針となる吉方位の力を借りることです。
自分にとっての吉方位に引っ越しや旅行をすると、心身を浄化し、望む幸せを得て運勢を上げることができます。
実際に私も何か行動を起こすときには、必ず方位を見てから行動します。吉方位を意識してきたことで多くの幸運に恵まれきた実績があるからです。実は、東京に居を構えるときも吉方位に良い物件が見つからず苦労しました。もしこのまま見つからなければ東京への移動は諦めようとさえ思っていた矢先に、ようやく理想の物件が現れたのです。そして引っ越した後、まもなくTV出演の話が決まりました。吉方位のパワーは絶大です。

 

そうは言っても、吉方位への引っ越しはそう簡単にはできないと思いますので、旅行で吉方位のパワーを取り入れましょう。吉方位への旅行の際にしてほしいことをあげてみますね。

1)旅行の際は、自宅から見て100km以上、離れていること。
2)旅先で1泊以上すること。
3)吉方位の土地のお水をいただく。
4)できれば一人で旅行すること。

3)はお水取りができる神社仏閣が吉方位にあれば、参拝してお水をいただくのもいいでしょう。4)は自分がこの先どうなりたいのか、吉方位で一人静かに思いをめぐらせてほしいからです。願い事はより具体的に思い描くほど実現化しやすいため、一人旅が最適なのです。

さらに、吉方位の開運効果には「1、4、7、10、13の法則」というものがあります。
その月の吉方位に出かけた場合は、帰ってきてから1、4、7、10、13ヶ月後に効果が出やすいのです。同様にその年の吉方位に出かけた場合は、帰宅後1、4、7、10、13年後に効果が出やすいのが特徴ですね。
吉方位への旅の効果を、ぜひ試してみてください。
 

金運を上げるための方法と「生き金」とは?

 

編集部:新型コロナウィルスの影響で、お金の面で心配な方も多いと思います。金運を上げる方法はありますか?

レオン:金運アップにつながる方法はいろいろあるのですが、ここでは簡単にできる方法をいくつかご紹介しましょう。

1)枕の位置を北側にもってきて「北枕」にする。北枕は財運が上がり、お金が貯まるとされており、黄色の枕に変えるとさらに効果的。
2)キッチンは金運・財運に関係する場所なので、いつも清潔に保つ。
3)お札に印刷された番号の末尾が「9」もしくは「Z」のものは、金運を上げる効果があるので財布に入れておく。
4)金運アップに効果がある方位に出向き、ご利益のある神様にお参りする。

また、金運を上げるためには、「生き金」を使うことも大切です。
「生き金」とは、人の幸せのためや自分への投資など、価値のあることに使われるお金のこと。たとえば、誕生日や結婚、昇進、出産といったお祝い事のときに使うお金は「生き金」です。自分のスキルや知識を磨くための出費、ボランティアや寄付なども「生き金」といえますね。自分自身が「良い使い方をした」と納得できることにお金を使う習慣をつければ、金運は上向いていくでしょう。