これはどちらかというと、「働きたくないから玉の輿に乗りたい」というのと同じような心理です。つまり、不安や孤独を他人に何とかしてもらおうとしているということ。「パートナーを見つけたい!」と強く望まれていますが、少々厳しいことを言いますと、果たしてそのような女性が男性にとって魅力的に見えるかどうか……。

 

ですからまずは、「自分が何を与えられるか」ということを考えてみましょう。今は“他者目線”がなく“自分目線”ばかりになっていますので、「私といるとこんなふうに楽しいよ」「お得だよ」ということも考えてほしいと思います。

 

もう1つ指摘させていただきたいのは、Chihiroさんに起こっている大きな“自己矛盾”です。というのもChihiroさんは男性をバカにしているのに、男性に安心感や頼もしさを求めている。つまり、入口と出口が完全に違うのです。これは“Wメッセージ(=言っていることと現状が一致しない状況を意図的に作り出すこと)”と言いますか、もっと分かりやすく言いますと、ナイフをかまえた状態で「優しくして」と要求しているようなものだと思うのです。これでは当然、男性も困惑します。

Chihiroさんはいわゆる“男性嫌い”ではないと思います。本当の男性嫌いの方というのは、男性に何かを求めるという発想がないものです。それゆえ若いときからしっかり貯金をしたり、老人ホームの情報を集めるなど、一人で生きていける準備もしています。

Chihiroさんは、本当は男性のことを嫌いではないのだけれど、いろいろあって“男性嫌い”という皮をかぶっているのではないかと私は思います。嫌いどころか、むしろ憎らしいほど好きなのかもしれません。お姉さんとの葛藤もあって悩みが複雑になっていますが、向き合うべきポイントはそこだけで良いかもしれません。男性のことを好きだと知り、そして自分が与えられるものを考える。それだけできっと、婚活の状態は大きく変わってくると思いますよ。

PROFILE
 取材・文/山本奈緒子

 

前回記事「「私が面倒見たのに!」相続で揉める本当の原因と意外な対策法【心理カウンセラー根本裕幸さん】」はこちら>>

ライフスタイルのお悩み回答者一覧
 
 
  • 1
  • 2