くうママさんは今は弟さんを着信拒否にして突き放しているとのことですが、本当に切り捨てる罪悪感はないのでしょうか? 「死んでくれればとも思う」と書かれてもいましたが、本当に弟さんが亡くなったときはどう思われるのか? ホッとするのか、罪悪感を覚えるのか、あるいは悲しいのか……。まずはそこを考えてみてください。

 

そのうえで切り捨てることに覚悟が持てるなら、弟さんが再び家に無心に来たときは、警察に相談すると良いでしょう。もちろん警察ができることにも範囲というものがあります。とくに弟さんとは血がつながった家族ですから、事件化されない限りは警察も動けません。それでも警察に相談すれば、近隣をパトロールしてくれるかもしれませんし、それがくうママさんの本気度となって弟さんに伝わるかもしれません。警察や行政は限界があるので、自分で警備会社から警備員を雇うのも一つの手です。

 

一方で、どこかで弟さんをかわいそうと思う気持ちがあって、断固拒否という姿勢までは取れていない可能性はないでしょうか? どこかで、私が面倒を見てあげなければ、と思ってはいないでしょうか? その迷いは中途半端な気持ちになって、完全に拒否することも、面倒を見ることもできなくさせてしまう。そこに弟さんはつけ込んできますし、逆に中途半端に期待させて、弟さんを振り回してしまうことにもなります。本当は愛情が残っていないのに、気のあるフリをする男性と同じですね。ですから、“どのレベルで問題と向き合っていくか”という自分の意志をハッキリさせることが大事なのです。

あとは、旦那さんの協力はどのくらい得られるか、ということも考えてみてください。旦那さんは「君の弟なんだから、俺は知らない」と突き放す人ですか? それともくうママさんを守ってくれる人ですか? 第三者のほうが冷静な行動を取れますから、旦那さんの協力があるかどうかは重要です。が、もしかしたら夫婦関係の問題が、弟さんへの態度に迷いを生じさせている可能性もあります。そういったことも念頭に置いたうえで、自分の意志をハッキリさせてください。そうすればおのずと、取るべき対応は決まってくると思いますから。

PROFILE
 取材・文/山本奈緒子

 

前回記事「「男をバカにした目で見てしまう」女性が婚活成功のために改善すべきこと2つ」はこちら>>

ライフスタイルのお悩み回答者一覧
 
 
  • 1
  • 2