○公園での過ごし方
パリにあるいろんな公園や広場に
毎日のように足を運んだ私たち。
パリの日常を感じることができました。

老夫婦がベンチに寄り添う姿。こんな日常いいな~。公園のいたるところにイスやベンチが置いてあり、各々が好きな場所で好きな時を過ごせるのです。

○パリの子供たちが大好きなもの

・人形劇
人形劇の主人公ギニョールは
200年の歴史があります。
舞台と観客席の子供との掛け合いが
おもしろい!ひとことで言うなら
フランスの子供たち、積極的!!(笑)

・メリーゴーランド
街中いたるところで目にします。
リュクサンブール公園のものは、
なんと1879年に作られたもの。
設計士がオペラ座の建築家である
シャルル・ガルリエ!
まわりながら輪っか取り遊びができ、
子供たちも夢中。出発進行の合図は、
"Bon voyage !! "よい旅を!

・移動式遊園地
チュイルリー公園に期間限定で
併設される『観覧車』。
実は、これ日本のそれとは全く違います(笑)
しかも2~3周ぐらいします!!
あまりの速さに驚いて
カメラを取り出す手も慌てます(笑)
写真を撮ろうとしたら、
はい!地上到着~(苦笑)
まだあります!この観覧車は
窓などで覆われていません(笑)
それなのに高速ですよ~
落ちないように気をつけましょう!
(現在の観覧車仕様はわかりませんが、笑)
 

 


○マルシェや食材
マルシェで購入した食材を
アパルトマンのキッチンで
料理して食べるのもおすすめ。
フランス語会話の実力試しに
マルシェはぴったりでした(笑)

フランスは早朝からパン屋がオープンしています。パン屋で焼きたてのバゲットを、マルシェで濃厚なコンテチーズとハム、果物を手に入れて。 これだけでもう贅沢な朝食!

ショッピングをしなくても
満足させてくれるのが
フランスの好きなところ。

パリのヘアサロンで
カットしてもらったり、
普段の旅行ではしないであろう事も
積極的にやってみたりします(笑)

そうすると旅の思い出は
ずっとずっと色濃いものに。

 

エッフェル塔からすぐの☆印が 滞在したアパルトマン。 エッフェル塔のシャンパンフラッシュを見てから歩いて帰る幸せな毎日でした。こちらのサイトで、パリのサンライズ&サンセット時刻がわかるので、暗くなる時間を狙って、ぜひシャンパンフラッシュを見て頂きたいです。毎時0時から5分間ライトアップします。深夜1時までです。(女子旅は夜の治安にくれぐれも注意してくださいね)


次回は、また行きたくなる場所
《フランス編②》をお届けします。
パリから少し足をのばして、南仏へ。