タイトルからして「え?」と思っている方が殆どだと思うのですが、なんと、ジョージアでは、昨日がクリスマスだったんです!(ドヤッ)

 

前日のクリスマス・イブが一時的に夜間外出禁止が解かれ9時の門限が無効となっていたので、ちょっと外出してみました。

流石にロックダウン中なので人出はそこまで多くなく、メインとなる大きなクリスマスツリーの前に人だかりが出来ている程度でしたが、賛美歌が流れ、サンタクロースがいたりして、しっかりと「クリスマス」!

そして日付が変わる深夜12時には、クリスマスを祝う花火の音が鳴り響いていました。

まさか本当に年明けにクリスマスを祝うなんて…!

 
 
 

 

遡ること約2ヶ月前、私がジョージアのクリスマスが1月7日だという事を知ったのは、日本大使館からの外出規制に関するお知らせのメールでした。その時は驚きはしたものの実感はなく、なんとなくメインは12月24・25日だろうと、心のどこかで思っていました。

だって、40年以上、クリスマスは12月に祝って来たんだもの!

 

12月に入り、至るところでクリスマス飾りを見かけるようになり、私のその予想は確信に変わっていったのですが、肝心の12月24・25日になっても特に盛り上がっている様子はなく…。きっとみんな敬虔なクリスチャンで協会や自宅で厳かに過ごしているに違いない。日本みたいにお祭り感覚ではないんだろうと、勝手に推測。

そして想像を絶する年越しの花火大会に面くらいつつ(また何れ書きますね!)三が日を過ごしていたら…

 

街中にサンタの帽子やトナカイのカチューシャを付けた人々が…!!

 

えええええー!!
そんなまさか!

そして更に私を驚かせたのが、ウクライナ人の友達のSNSで、お正月の挨拶もそこそこにサンタの衣装を着た子供の写真がアップされたのです!ま…まさかウクライナも…!?

びっくりして尋ねてみたら、「Orthodox Christmas(オーソドックス・クリスマス)だよ」と平然と返事が帰ってきました。

オーソドックス…。

オーソドックスなファッション、オーソドックスな曲…よく使う割にちゃんとした意味を知らなかったなと思って調べてみたら、「正統派の、本来の、従来の、伝統的な、正しい」とな…

 

本来の…?

クリスマスって本来は1月7日ってこと!?(鼻息)

 

ここまで来たら自分でちゃんと調べようと思い(遅い)、ネットで調べてみたら、長い長いキリスト教の歴史を学ぶこととなったので、ここでの詳しい説明は割愛させて頂きますが、簡単に言うと、中国の旧正月と同じく暦法による数え方の違いによるものでした。

 

 

アメイジング(びっくり)タイランド、インクレディブル(信じられない)インドに暮らし、価値観が変わる程驚くことは滅多に無いだろうと高を括っていたのですが、クリスマスが年明けにやって来たのには流石にびっくりしました。

世の中にはまだまだ知らないことが沢山ありますね。

ということで、情報は得ていたのにしっかり12月にクリスマスを祝ってしまった私達の様子と、クリスマスカードの制作の様子がYouTubeチャンネルでご覧いただけます。

しかも、漫画や動画の中で賑わってない的な事を言っていますが、そりゃそうだ〜という間抜けなお話。しかも、動画の中で制作した手づくりのクリスマス飾りも、お正月飾りと入れ替わりで片付けてしまったという…(笑)

日本ではもうとっくに終わってしまったクリスマスですが、日本から遠く離れた東欧の国ジョージアでは昨日だったんだな、と思いながら見てもらえたら嬉しいです!

YouTubeチャンネル 色のある暮らし
当たり前がなくなったクリスマス

1 / 3