水道水でも飲めるパリの水は、決して悪いものでは無いけれど、硬水ならではの石灰のせいで、お風呂上がりの肌と髪はとても乾燥する。

色々なメーカーを試してみて、ここ数年で落ち着いたのが、天然植物由来のプロダクツ、フィト(Phyto)のヘアケア製品だ。

カラーヘアとホホバオイルのシリーズを愛用中。オフィシャルサイトはこちら!フランス語ですが、全ての商品が網羅。写真を見ているだけでも楽しい♪

伝説の美容師、パトリック・アレス氏が1965年に立ち上げたヘアケアブランド。サロンの顧客には、BBやカトリーヌ・ドヌーヴ氏も居らしたんだとか。

≪美は自然と共にある。自然と髪への情熱から始まった、ボタニカルケアのパイオニア≫

ね、なんだか良いでしょ。

ヘアマスクのチューブは、アルミ製で昔っぽい作りが可愛いのですが、最後まで使い切るのは至難の業。どうにかならないんでしょうかね。

使い心地はもちろんの事、コストパフォーマンスがとても良い。
こちらのシャンプーが400mlで、12ユーロ前後。
これならば普段使いに、心置きなく使えるもんね。

何しろ、私の自慢の、剛毛とも言える黒髪を、しっとりと柔らかく洗い上げてくれる。ハーブの香りは弱すぎず、強すぎず。殿方に、キミの髪はシルクの様だ!なんて、言われちゃうんだからね。

週に一回は頭皮のオイルマッサージをしてからの洗髪。地肌がスッキリ、頭が軽くなります。ヴェレダのスカルプオイルはローズマリーの香りが最高♡

ジョン・マスター閣下には、特別な日だけにご登場して頂くとして、普段使いにはやっぱり馴染みのコイツらに戻ろう、と私は決めた。

浮気しちゃって、ごめんね(てへぺろ)。