皇后になられてから、聡明さと語学力、ご自身のキャリアを発揮され、海外からの賓客も細やかなお心遣いでもてなされるなど、存在感と輝きを増してきた雅子さま。

白やゴールドなど、皇后というお立場にふさわしい色から優しいパステルカラーまで、ご公務の内容に合わせた選択。伝統的な着物からエレガントなドレス、マニッシュなジャケット&パンツスタイルまで幅広い着こなし。ご成婚前のキャリア時代から変わらない雅子さまスタイルが貫かれています。

ミモレの『毎日、雅子さま』にて公開中の写真から、雅子さまのファッション&スタイルをテーマごとにご紹介します。今回は、毎年2月23日、天皇陛下のお誕生日に公開されるポートレートに注目。ご夫妻の仲睦まじさがあらわれたリンクコーディネートに、見ているこちらにもお互いを思いやる心が伝わってきます。

 


ミモレ読者に人気のコーディネートトップ5はこちら>>
ミモレ読者に人気のコーディネート6〜10位はこちら>>​


写真で振り返る、凛としてマニッシュな雅子さまのコーディネート一覧>>


【2019年】オフホワイト×パープルの優しいトーンで

 

59歳になられる皇太子さま、雅子さまのポートレートは、リラックス感のある装いで。雅子さまはペールトーンの紫のロングカーディガンに、白のトップスとパンツをコーディネートされました。
皇太子さまは即位されるまで約2か月となったタイミングの記者会見で、「その時代時代で新しい風が吹くように,皇室の在り方もその時代時代によって変わってくるものと思います。私も、過去から様々なことを学び、古くからの伝統をしっかりと引き継いでいくとともに、それぞれの時代に応じて求められる皇室の在り方を追い求めていきたいと思います」と述べられました。2019年2月17日、東京都港区・東宮御所の談話室にて。写真/宮内庁提供

 

第64回青少年読書感想文全国コンクール表彰式の課題図書をご覧になるご夫妻。皇太子さまは雅子さまについても「私も、できる限り力になり、雅子を支えていきたいと思っております」と述べられています。写真/宮内庁提供

【2020年】定番のブルーでリンクコーディネートを

 

天皇陛下60歳の誕生日に公開された写真は、ブルーのリンクコーディネートで。ジャケットのラペルと折り返された袖口には光沢感のある生地があしらわれ、エレガントな雰囲気に。スカーフがお好きな雅子さまらしいアクセサリー、小物使いにも注目です。以前にも紹介したお召し物を着回されています。2020年2月12日、東京都港区・赤坂御所の談話室にて。写真/宮内庁提供

 

仲睦まじく、笑顔でお言葉を交わされる両陛下。写真/宮内庁提供