この看板だけがたより! カーナビ上で、道なき道をいくことになります。
はっきり言って、途中「本当に着くのか」と、かなり不安になります(苦笑)!

ガイドブックにもほとんど掲載されていないマニアックな神社ですが、その霊験あらたかな雰囲気は今まで訪れたことがあるスポットのいずれにも勝るものでした。さすが、高千穂役場 地域おこし協力隊の板倉哲男さんおすすめの神社です(ちなみに、九州オルレのコースにもなっていますので、慣れている方は是非トレッキングにて!)。

  • 霊界への入り口なんじゃないかと思えるくらいの佇まい。おすすめしておいて何ですが、コチラの神社だけは、ひとりで訪れないほうがいいかも!?
  • 尾根づたいに約800メートルくらい歩くと階段が。体力不足の折、おがと板倉さんに遅れをとる私。
  • そして、こちらが社です。神々しいとしか言いようがありません! 静謐な空気に、なぜだか気が引き締まりました。

創建は不詳で、古文書によると「紀州熊野から勧請」とあり、「熊野十二社大権現」と言われているようです。

……と、今回の記事を書き連ね、まったく自覚しておりませんでしたが、「もしかして、私、スピリチュアル好き?」と自問自答を始めた編集部・大森なのでした。

次回は、vol.3 高千穂峡編

 
  • 1
  • 2