5

青木さやかダイエット食日記「具だくさんスープ」で3ヵ月-7kgに成功!【タニタサイズ】

冷蔵庫には野菜とたんぱく質をたっぷり常備


具だくさんスープをよく作るようになったこともあり、野菜とたんぱく質は常備するようになったという青木さん。

青木さん:特に、西澤さんにすすめられてから、高たんぱく低脂質の鶏胸肉をよく買って食べるようになりました。肉は冷凍庫で保存し、いつも切らさないようにしています。鶏肉、豚肉、牛肉といろんな種類の肉や、魚、納豆、卵といろいろな種類のたんぱく質を意識して摂るようになったのが、自分にとって大きな変化。野菜もしっかり摂るようになり、常に数種類は冷蔵庫に入っています。スープにしたり、ピクルスもよく作っています。

以下が、青木さんの家の冷蔵庫の中身。野菜室には野菜が、冷凍庫には肉がぎっしり。

 野菜室 

 

 冷凍庫 

 

食べて筋肉をつければ代謝が上がる、だからやせる!


このような食事を続けたところ、2ヵ月目にして、早くも青木さんの体組成計での計測データにさまざまな変化が。

西澤さん:筋肉量が最初より増えてきていて、代謝が上がっていますね。呼気「アセトン」の測定では、脂肪燃焼度も上がってきています。野菜などからカリウムがしっかり摂れているのと、タニタサイズも毎日続けているので、むくみも解消していますね。つまり、食べてもやせやすい体になってきたということです。

青木さん:食事の量は減らさず、毎日しっかり食べているのに太らないのは、そのせいなんですね。食べるのを我慢するダイエットじゃないので、この方法なら一生続けられそうです!

 

青木さんをダイエット成功に導いたタニタ式の食事術について、もっと詳しく知りたい人は、『体脂肪計タニタ社員が毎日やってる タニタサイズ<タニタ製エキスパンダー付き>』(講談社)をチェックして!

タニタ式の食事法とともに、舞台稽古の合間などにタニタサイズもコツコツ継続。この地道な努力により、その後、-7kgやせを達成!


青木さやか Sayaka Aoki
1973年、愛知県出身。フリーアナウンサーとして活動、その後タレントの道へ。以降、バラエティ番組やドラマ、エッセイの執筆など幅広く活躍中。近年はYoutubeチャンネル「犬と猫とわたし達の人生の楽しみ方」などを中心に、動物の保護活動にも力を注いでいる。2020年12月にはニール・サイモン作、三谷幸喜演出の舞台『23階の笑い』に出演した。今年5月にはエッセイ風小説を出版する。

 

 

【新刊紹介】
『体脂肪計タニタ社員が毎日やってる
タニタサイズ

著 株式会社タニタ
価価 本体1800円(税別)
3月19日発売
講談社

Amazonで購入>>
楽天で購入>>

タニタの全社員が3年前から毎朝行っている、オリジナルエキスパンダーを使った「タニタ体操」とエクササイズのほか、タニタの栄養士が教える“脂肪が燃える食生活”をやさしく教えてくれる本書。アンケートで社員の8割が「からだの状態がよくなった」と答えるタニタ体操は、体のこりをほぐすだけでなく、ボディメイクやダイエットに嬉しい効果も! タニタ製エキスパンダー&QRコードで見られる動画付きで、誰でも今すぐ「タニタサイズ」を実践できます。

撮影/金栄珠(講談社写真部)
青木さんヘアメイク/林達朗(Paja Pati)
青木さんスタイリング/髙村純子
取材・文/和田美穂
構成/松崎育子(編集部)

 

第1回「【47歳ダイエット】青木さやかさんが3ヵ月で−7kg!食べてもやせる「タニタサイズ」」>>
第2回「毎朝3分半の「タニタ体操」がやせるスイッチに!【青木さやか-7kgダイエット】」>>
第3回「​3ヵ月で「ぽっこりお腹」の段々が消えたタニタサイズ【青木さやかビフォーアフター】」>>
第4回「青木さやかさんの「背中のハミ肉」がタニタサイズで消滅!【3ヵ月ビフォーアフター】」>>