7

売れた美容家電は?おうち時間を充実させる「コロナ禍のヒットアイテム」

お家時間はセルフケアに!役に立った美容家電


フェイスラインを引き上げる美顔器やスチーマー、高機能ヘアドライヤーなど、最新美容家電は昨年に続き人気の傾向。
美容のプロたちの間で話題になっているのが、頭の筋肉と言われる“頭筋”や表情筋のコリをほぐし、柔らかくするミーゼのスカルプリスト
EMS+赤色LED+振動+マイクロカレントで刺激を与えることにより、顔全体を引き上げてくれます。頭皮とフェイス用の2種のアタッチメントが付いていて、フェイス・ヘッド・デコルテなどのケアにおすすめです。

ミーゼ スカルプリスト ¥33000/ヤーマン

ホームケアの代表格といえばスチーマー。ヤーマンのブライトクリーンは、マスク着用の機会が増えたことで、汗や皮脂の過剰分泌による毛穴で悩む女性に大ヒット。
霧状の濃密Wスチームで肌の表面温度を約40℃まで引き上げることで、角質層をやわらげ、効率の良いスキンケアの土台作りをおこないます。
クレンジングや保湿ケアなどニーズに合わせて、いつものケアに手放せないアイテムとなっているそう。

ブライトクリーン ¥38280/ヤーマン

髪の乾燥や広がりもヘアドライヤーによる熱ダメージの影響があるとか。リファ ビューティック ドライヤーは、熱による髪のダメージを防ぐセンサーを搭載していて、水分を髪に閉じ込めたしっとりと柔らかな“レア髪”に。
また、髪の温度を感知し、自動調整してくれる機能がついているため、熱による髪や頭皮ダメージを軽減してくれるのだとか。「指通りも良く、ヘアアレンジもしやすくなった」というユーザーコメントも購入の後押しになっているようです。

生活が変わったことで日々の美容習慣も大きく変わることになった今、時代に柔軟に対応したコスメが数多く登場していたことに驚きました。
こんな時代だからこそ、「何が必要なのか」が明確になり、美容の取捨選択がさらに加速する時代へ。

 

試してわかる、コスメの進化、ぜひお試しを。

取材・文/長谷川真弓
構成/片岡千晶(編集部)

第1回 「30社に聞いた「コロナ禍で売れたスキンケア」肌荒れに敏感肌用&ドクターズコスメ」>>

第2回 「コロナ禍でむしろ売り上げを伸ばした「頼れる名品スキンケア&ブランド」は? 」>>

第3回 「コロナ禍で売れたのはエイジングケア「高価な化粧品が人気の理由」」>>

第4回 「コロナ禍で売れたベースメイク「マスクのしたの肌づくりはどうしてる? 」」>>

第5回 「「コロナ禍でリップが売れない」中、口コミから売れたメイク8選」>

第6回 「コロナ禍のニーズにズバリ応えた「ドラッグストアで売れている」人気商品」>

  • 1
  • 2