title

パンツと靴をつなぐ「隙間」が、
冬の着こなしを左右する


 Style 2 

続いて、白ソックスのコーディネート。白ソックスは、下手すると幼く見える心配もあり、難易度が高いのですが、この白ソックスコーディネートを自分のものにできたら、もう怖いものなしです。トレンドはショート丈。クロップドパンツに、ショート丈の白ソックスを合わせて、足首をのぞかせると、一気に今っぽくなります。もちろん、寒い日は、足首をのぞかせず、白のソックスでパンツと靴をつなぐスタイルでも、着こなしの明度は確実にUPします!

ダメージデニムの裾を小さく一折りして、足首が見える量を微調整した、上級スタイリング。洋服をブルー・ネイビー系の色味で統一していること、華奢なパンプスと合わせていることが、このスポーティな白ソックスコーディネートをクールに見せているポイントです。 ソックス/ピエールマントゥー 岸川 あかねさん/主婦


 Recommend Item 

オススメはショート丈。一口にショート丈といっても、様々な素材を使ったタイプが出ていて、それぞれに表情も異なるので、シーンや気分に合わせて使い分けて。

艶のある、滑らかな質感が特徴的。「大草直子のToday's Diary」でも紹介したユナイテッドアローズのオリジナル商品なので、洋服とのコーディネートのしやすさは織り込み済。ファーストショート丈ソックスとしてもオススメです。 ソックス ¥1500/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館)
こちらも、ユナイテッドアローズのオリジナル。ふんわりと柔らかな素材で、温かいのはもちろんのこと、足元に女性らしい優しさをも演出してくれる一足です。(実は、白以外のカラーパレットも魅力的な商品!) ソックス ¥1500/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館)


 Style 3 

最後に、遊びの柄ソックススタイル。このときのソックスは、思い切って「主役」にしてしまうのがポイントです。カジュアルになり過ぎないよう、洋服はシンプルに、色の数も押さえると、スタイリッシュに仕上がります。

ソックスの柄が、見事にアクセントとして効いている着こなし。モードな靴をモードにし過ぎず、ソックスの柄ではずした、エフォートレスなスタイルです。 ソックス/コーエン YORIKOさん/主婦


 Recommend Item 

大人の柄ソックスは渋めカラーをセレクトしましょう。柄の中に、パンツまたは靴と同じ色が含まれていると、コーディネートがまとまります。ボーダーやアーガイルなどのトラッドベースの柄から取り入れて、慣れてきたら雪柄やカモフレージュ柄にも挑戦して!

ボーダーソックスは1足持っていて損はありません。こちらは、リブ入りの程よい厚さなので、合わせる靴のサイズやテイストを選びません。渋みのある色の組み合わせが豊富なのも嬉しい! ソックス ¥900/タビオ(タビオ)
イギリスの名門「コーギー」のソックスは、英国王室御用達の認定を受けるなど、最高水準の品質。足元に、季節を感じさせる柄を取り入れて、小粋な着こなしに♪ ソックス ¥4600/コーギー(フレームワーク 自由が丘店)


今回の冬の「足元問題」解決のヒント探しはここまでになります。いかがでしたか? 他にも「ガウチョパンツには?」「仕事などオンのときのパンツスタイルには?」などなど、冬の「足元問題」は深刻……。今回、紹介したスタイルが、少しでもヒントになって、お役にたてたら嬉しいです。 また「Snap snap!」コーナーでは、今後も、タイムリーに素敵なコーディネートをどんどん紹介していきますので、ぜひ、チェックしてください♪

※本ページ内の価格は全て税抜です。
【問い合わせ先】
無印良品 池袋西武:03-3989-1171
タビオ:
03-6419-7676
ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館:03-3479-8176
フレームワーク 自由が丘店:03-5701-0374

  • 1
  • 2