12

「最近の平野ノラさんは幸福感が表情に出ている」母になったノラさんの少女のような素顔

20

「最小にして最大の効果」と話題のメイクアップ、それが、メイクアップアーティスト・水野未和子さんが提案する「ディファインメイク」。その人の骨格やパーツの形、肌の色などを生かし、その人の魅力を見つめ、深め、高める。外見だけでなく、内面の本質さえも「唯一無二の魅力」としてメイクで掘り起こし、際立たせるメソッドは、ひとりひとりが自分の顔をもっと好きになるきっかけを生みます。

そしてその応用編にあたるのが「インテンスメイク」。メイクされる本人さえもまだ出合ったことのない顔を引き出し、その人の魅力をさらに引き上げるメイクは、新たな可能性を広げてくれます。

そこで、ディファインメイク・インテンスメイクの「真髄」を知る連載企画。今回登場するのは、お笑い芸人・平野ノラさん。2つのメイクを終えたノラさんがメイクを脱ぐと、無垢な少女のような姿が現れました。

関連記事
「​【平野ノラ】ボーダーレスのエキゾチックビューティ。ミステリアスさが漂うヘア&メイク」>>
「【平野ノラ】ブルーシャドウに釘づけ!「バブリーメイク」をアップデート。」>>

 

衣装は全てスタイリスト私物 

 


モノクロ写真が雄弁に語り出す、イノセントな魅力


私たちが目にするノラさんは、いつだって「メイク顔」。
だからこそ、より、はっとさせられたはずです。
メイクを脱いだ、この無垢な顔に。
ディファインメイク、インテンスメイク、次々とノラさんの新しい顔を掘り起こした水野さんは……?

「メイクアップ アーティストの私が言うのもなんだけど、このすっぴん顔がいちばん好きかも! 骨格が美しいから、モノクロだと一層、映えるんですよね。ノラさんは人を笑わせる職業だから、いつも見せないようにしているのかもしれないけれど、真にイノセントな人なんだと、確信しました」(水野さん)

ノラさん、いかがですか?

「ここまで素顔を晒して、大丈夫かな? 耐え難くないかな? と思ったんですが……。完全に、カメラマンさん、メイクさんの力です(笑)」(ノラさん)

今回、3回にわたり、ノラさんにモデルをお願いしたのは、水野さんの達ての願いから。

「メイクを楽しんでいるところに惹かれていたのはもちろん、最近のノラさんが、柔らかい雰囲気を纏っていて、顔が変わったように感じていたから、より興味が湧いていたんですよね。あとでお子様が生まれたばかりと聞いて、なるほどと納得したんです。今日も、その幸福感が表情に出ていましたね」(水野さん)

「単なる寝不足かもしれませんけど、ね。妊娠していたときも、『母らしい顔になりましたね』などと言われたんですけど、いやいや、ただ20キロ太っただけだよ、って(笑)。ただ、寝不足のぶん、今までよりも脱力することを覚えたんですよね。日々、生きるのが精いっぱいで、完璧であろうとする気持ちが持てなくなって。ただ、それが決して悪いことじゃないな、と。その意識がプラスに働いて、邪気が抜けたような顔になったのかもしれません」(ノラさん)

 

ディファインメイク、インテンスメイクを施したノラさん


仕事と家族、そして次なるステージへ


ノラさんが笑いを追求する理由は、自分が笑いに救われたから。

「私、小学校、中学校、高校と真剣にバレーボールをしていて、キャプテンも経験したんですけど、その練習が辛くて辛くて。でも、練習が終わったあとのチームメイトとの時間で、『笑い』に救われたんですよね。20代、30代と、自分が生かされる仕事ってなんだろう? と自問自答を繰り返し、ひとつひとつ可能性を潰して、よしっ、やっぱり芸人になりたい、と。そう決心してからは、楽しくて楽しくて。売れるとか売れないとか関係なく、今もずっと、したいことができるという幸せを感じています」(ノラさん)

大好きな仕事、そして、大切な家族。

「仕事が大好きなので、子供が生まれる直前まで、すぐに復帰するからと宣言していたんです。ところが子供が生まれたら、日々、成長する我が子の姿は『瞬き禁止』だな、と……。一瞬一瞬がすべてアニバーサリーで、逃したくないと思ったんです。自分にこんな面があるんだ、というか、自分の考えを自分が否定することがあるんだ、というか。溜め息混じりのおったまげ。おったまげにも新バージョンがありました(笑)」(ノラさん)

「ノラさんが次のステージに行ったからこその、この表情なんですね。ディファインメイクにも、インテンスメイクにも、そして今回のメイクを脱いだ顔にも、私自身がはっとさせられました。ぜひまた、ご一緒したい! また新しいノラさんの顔を見つけたいと思います。ボディも美しいから、格好いいヌードとか?」(水野さん)

「『ただ』じゃ、脱ぎませんよ(笑)」(ノラさん)

ノラさんは、まだまだこれから。
次なるスタートラインが見えたような、そんな気がしました。

<ノラさん>ブラウス¥20900/HAVERSACK(H/S Pérdilection)、その他はスタイリスト私物 <水野さん>衣装は全て本人私物

MIWAKO’S MESSAGE


ノラさんをメイクして感じたのは、どんなメイクでも、その瞬間に「似合わせてしまう」ポテンシャルの高さ。ひとつひとつの工程を踏むたびに変わり続けるノラさんの、新たな魅力を目の当たりにして、メイクをするのが楽しくて仕方なかった! 骨格やパーツの美しさといった、表面的なことだけでは決してない、メイクを超えた向こう側。過剰な自尊心やこだわりを持つことなく「自分を楽しむこと」を恐れていない顔。その人に属さない無理やり着させられたかのような違和感のあるメイクは避けたいと思っている私にとって、感情が高ぶる時間でした。ノラさんが2回目でおっしゃった「メイクは、自分の終わりなき扉を開け続けるもの」。もうないと思っていた扉や窓が開いて、まだ見ぬ自分に出会うことができるという、メイクの可能性。ノラさんにメイクをした私自身が、たくさんのまだ見ぬ『メイクの力』に気づかされた、そんな撮影でした。

水野未和子   
   



彫りの深さが際立つ平野ノラさんの写真をもっと見る
▼右にスワイプしてください▼

平野ノラ

お笑い芸人。1978年生まれ。東京都出身。2011年にデビュー。ボディコンスーツに身を包み、ソバージュ&太眉のルックスで「ぶっとびー!」「おったまげー!」などバブル期のフレーズを連発するバブルネタでブレイク後は、テレビやラジオでも大活躍。近年はYouTubeチャンネルでも動画を配信中。2021年3月の出産後は、ママとしての新しい顔ものぞかせ、多くの女性の共感を得ている。

水野未和子

メイクアップアーティスト。オレゴンに留学後、イギリスに渡り、London College of Fashionでメイクアップを学ぶ。卒業後、フリーランスのメイクアップアーティストとしてロンドンでキャリアをスタートし、帰国後は多くの雑誌、広告、CMなどを手がける。人によって違う、その人だけの魅力をディファイン(明確に)するメイクに定評があり、数々の女優やモデルが厚い信頼を寄せる。【Instagram】@mizuno.miwako

 

<書籍紹介>
『ディファインメイクで自分の顔を好きになる
“私だけの魅力”が絶対見つかる自己肯定メソッド

著 水野未和子
定価 1400円(税別)
Kindle版も配信中!
講談社

楽天で購入はこちら>>
Amazonで購入はこちら>>

数々のファッション誌や広告で女優やモデルのメイクを手がけているメイクアップアーティスト、水野未和子さん。水野さんのメイクの特徴は、人によって違う、その人だけの魅力をディファイン(明確に)すること。何かを隠すのではなく、誰かのようになるのではなく、「自分になる」メイクです。この本では、あらゆる年代、あらゆる属性の誰もが自分の魅力を底上げできる「ディファインメイク」の考え方と、そのメソッドを詳しく紹介します。


メイク/水野未和子(3rd)
撮影/目黒智子
モデル/平野ノラ
ヘア/MATSU KAZ(3rd)
スタイリング/JURIKA.A
取材・文/松本千登世
構成/中田絢子

第1回「蛯原友里の現在。可愛いの枠を超えた、魅力を掘り起こすメイクとは?」>>
第2回「芯の強さと色気を併せ持つ、蛯原友里のもうひとつの顔」>>
第3回「【蛯原友里】『家族』という帰る場所があるから、全てを脱ぎ捨てて先へ進める」>>
第4回「「人に委ねる愛おしさ」を知る 坂井真紀の柔軟性と強さをメイクで浮き彫りに」>>
第5回「「自分じゃなくて、人」。その喜びを輝きに変える、坂井真紀さんのあり方」>>
第6回「「勉強することを諦めたくない」。貪欲に学び続ける坂井真紀さんの姿勢」>>
第7回「【山口紗弥加】太いわけでも濃いわけでもないのに、秘めた強さが際立つ眉とは?」>>
第8回「【山口紗弥加】赤リップが主役のミニマルメイクで、気品と強さを高める」>>
第9回「「役ではなく“私”として、初めてすっぴんをさらけ出した」。そのとき、山口紗弥加さんが感じたこととは?」>>
第10回「​【平野ノラ】ボーダーレスのエキゾチックビューティ。ミステリアスさが漂うヘア&メイク」>>
第11回「【平野ノラ】ブルーシャドウに釘づけ!「バブリーメイク」をアップデート。」>>