2

「なんて神秘的で素晴らしいことなのか」雅子さまが産後の記者会見で語られたこと【愛子さまの20年】

82

2021年12月1日に20歳の誕生日を迎える愛子さま。これからは成年皇族としてご公務に携わるようになります。愛子さまらしくお幸せに歩まれますように、今後をあたたかく見守りたいものです。

思えば20年前、愛子さまのご誕生は、雅子さま、現在の天皇陛下、上皇ご夫妻はもちろん国民に大きな幸せをもたらしました。愛子さまご成人を記念して、ご家族で歩まれたこれまでの日々を振り返ります。

*******************

愛子さま誕生の翌日、上皇さま(当時は天皇陛下)と美智子さまが赤ちゃんに対面されました。お2人は、
「とてもよかったですね」
「いい赤ちゃんですね」
とおっしゃって、にっこりとうなずかれました。

雅子さまは、このとき愛子さまとともに宮内庁病院の皇室専用病室に移り、上皇さまと美智子さまに立ってご挨拶なさいました。食事も2日目からは普通食で、母乳のことを考えて栄養のあるメニューを召し上がっていました。

愛子さま1歳のお誕生日。上皇(当時は天皇陛下)ご夫妻にご挨拶へ。写真/JMPA・光文社

3日目からは、雅子さまが授乳されるようになりました。愛子さまは力強くお乳を吸い、泣き声は宮内庁病院の廊下の隅々にまで響きわたりました。陛下(当時は皇太子さま)は雅子さまとご一緒に夕食をとり、家族とともに過ごされたのです。

 

7日、内親王は上皇さまから愛子さまという名をおくられました。称号は敬宮(としのみや)、お印はゴヨウツツジ。陛下(当時は皇太子さま)と雅子さまが那須高原を散策されたときに、この可憐な花に目がとまったことからお印とされたのです。


こうして翌8日、雅子さまと愛子さまは宮内庁病院を退院し、東宮御所に戻られました。

のちに記者会見で、雅子さまは出産についてこう話されました。
「誕生を楽しみに思うと同時に、無事に出産できるまでは、と不安に思うこともありました。無事に出産できたときには、ほっとすると同時に、生まれた子どもの姿を見て、ほんとに『生まれてきてありがとう』という気持ちでいっぱいになりました。いまでもその光景ははっきり目に焼き付いています」

涙ぐみながら語る雅子さまの背中に、陛下がやさしく手をあてて励まされます。

「おなかの中に小さな命が宿って、はぐくまれて、ときが満ちると、持てるだけの力を持って誕生してくる。そして、外の世界で営みを始めるということは、なんて神秘的で素晴らしいことなのかということを実感しました」

そう続ける雅子さまは、
「母親になって涙もろくなったようです」
と笑顔をお見せになったのです。

愛子さま14歳に。毎年恒例、スキー旅行のためご一家そろって長野県へ。2016年3月22日、長野県長野市・JR長野駅にて。写真/毎日新聞社/アフロ
 
愛子さま18歳に。映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』チャリティ試写会で。2019年12月18日、東京都港区・日本消防会館ニッショーホールにて。写真/JMPA/光文社

【秘蔵写真】ご一家で仲睦まじく……かわいらしい愛子さまの成長ぶり
▼右にスワイプしてください▼

①写真/The Asahi Shimbun/Getty Images
②写真/ロイター/アフロ
③④写真/宮内庁提供
⑤写真/The Asahi Shimbun/Getty Images
⑥⑦写真/AP/アフロ
⑧写真/The Asahi Shimbun/Getty Images
⑨⑩写真/JMPA・小学館
⑪写真/The Asahi Shimbun/Getty Images
⑫写真/JMPA/新潮社
⑬⑭写真/JMPA/講談社
⑮⑯写真/JMPA/光文社
⑰⑱⑲写真/The Asahi Shimbun/Getty Images


キャプションは過去の資料をあたり、敬称・名称・地名・施設名・大会名・催し物名など、その当時のものを使用しています。

構成/高木香織


前回記事「愛子さまご誕生時は天皇陛下がお立ち会いに。美智子さまは「東宮妃は元気でしょうか」と涙を浮かべ喜んだ」>>