title

スタイリスト室井由美子さんが指南!
大人に似合うワイドパンツの見極め方

 

ワイドパンツの
最新コーデをご紹介!


「カーキパンツはサファリなイメージに仕上げました。トップスはビッグな白シャツを合わせて。襟を後ろに抜きデコルテをやや見せるラフな着こなし方で女らしさを出しました」(室井さん)。シャツの前をインして、すっきり見せて後ろはアウトさせるとヒップラインを自然にカバーしてくれます。バッグにスカーフをかけ、縦ラインを強調させればよりスタイルアップ!

 

 

パンツ¥20000、シャツ¥18000/エストネーション、バッグ¥98000/ソフィー ヒュルム、シューズ¥29000/チェンバー、スカーフ ¥37000/サビナ サヴェージ(すべてエストネーション)お問い合わせはエストネーション tel. 03-5159-7800 ※ご紹介したパンツは36、38の2サイズ展開。カーキのほか、ベージュの2色展開です。 

室井さんの着こなしのワンテクニック!
パンツのウエストベルトは、リボン結びではなくラフに一つ結びする方が今っぽく見えます。ラフに仕上げるのはスカーフも同じで、結ばずバッグにかけるぐらいに。シャツは第3ボタンまで開け、襟を後ろに流して。そうすると、きれいな丸みができてぐっと女っぽくなります。袖はカフス部分を2回折りヒジまで上げ、肌見せをします。


室井由美子さんがピックアップ!
ミモレ世代に似合うおすすめのワイドパンツ!

撮影中に見つけたのは、足がすっと長く見えるピンタックのガウチョパンツ。こういうジャストウエストでフィット感があるタイプは、背の低い方でもバランスよく着こせます。光沢がありカジュアルに見えすぎないので、いろんなシーンで活躍します。サイズは36と38。色はベージュのほか、カーキ、黒も展開。
ガウチョパンツ¥20000/エストネーション
白や黒といった定番色のパンツが多くなりがちですが、そんな方におすすめしたいのがピンクベージュのタックパンツ。私もピンクのボトムにこの春トライしていますが、着回ししやすいですし気分もアガリます♡ ほどよい膨らみが腰回りをカバーしてくれる一本。サイズは36と38。ピンクベージュのほかネイビーも展開。
タックパンツ ¥19000/エストネーション

COLUMN♡
パンツ好きな室井さんの最近のスタイルを拝見!

私服を公開している室井さんのブログも大人気。おしゃれのヒントがたくさんあります。その中から最近のお気入りのパンツスタイルをのぞき見!

撮影の日にもはいていた3.1 フィリップ リムのタックパンツは、HYKEのGジャンを合わせてカジュアルダウン。
エリンのガウチョパンツにHYKEのシャツを合わせて、爽やかなマリンスタイルに。
HYKEのチノパンに、ユニクロ×ルメールのポロニット、サイのブルゾンを羽織りスポーティにまとめて。
コラールのスキニーデニムに、HYKEのコート、オーラリーのサーマルカットソーで動きやすくまとめた日。

今シーズンは、ワイドパンツが大豊作です。室井さんの“選び方のコツ”を参考に、ぜひ似合うパンツを見つけてくださいね。そして、次回は(更新は3/23更新予定)タックパンツの正しい選び方をレクチャーしていただきます。お楽しみに! 

撮影/目黒智子 スタイリング/室井由美子 ヘアメイク/久保冬美(ROI)  構成・文/昼田祥子 
  • 1
  • 2