暦は師走。今年も残すところ1ヶ月となりました。

先月続いた展示会。同世代ブランドのラストを飾るのは、林真理子ちゃんがデザイナーを務める「jonnlynx(ジョンリンクス)」。

いつもナチュラルな笑顔が素敵な真理子ちゃん。ブランドの魅力は彼女のそのライフスタイルにあり!

心地よい素材と気負わないスタイル。シンプルながら、ハズしや、どこか一癖入ったデザイン。ジェンダレスでエイジレス。そして、何より気に入っているのは、自分に寄り添ってくれるようなエフォートレスなスタイル。

 
2016AWコレクションより。贅沢な一枚仕立てのリバーシブルコート。着こなし方で表情も変わります。

まさしく、いつもステータブルで屈託のない笑顔やサーフィン人生を楽しむ彼女のライフスタイルそのものが、「jonnlynx」の女性像なのだと感じてしまわずにはいられません。

マニッシュなウールジャケットも思いっきり切りっぱなしだったり、生地が肌に溶け込んでしまうかのようなTシャツ。男性っぽいスタイルの中に、センシュアルな女性像を醸し出してくれる、他のブランドにもなかなか見られない確立したかっこよさがあります。

正直、彼女のようなデザイナーも珍しいかもしれません。私も含めて言えることなのですが、気負って、頑張ってオシャレをしてしまうクセが出てしまうもの。でも、彼女の生き方や洋服のスタイルには、そんなところがまるでなく、肩の力を抜くことの心地よさを教えてくれます。ある意味癒し(笑)。

オススメは抜群に心地よいTシャツやニット。あとは何と言ってもマニッシュなジャケットはピリリっ!と女っぽさを引き立ててくれるアイテムです。

 
エイジレスでジェンダレスなイメージのモデルさんたちも素敵!こんなマダムになりたい!と思わせる着こなし方。

春夏はまだご紹介できないのですが、この秋冬に引き続き、ミモレ世代の女性にフィットする素敵なアイテムたちが沢山♡ これからも目が離せないブランドの一つです。

今回、ご紹介させていただいた3つのブランドは、まさにミモレ世代を駆け抜ける素敵な3人の女性たち。生き方は三人三様でありながらも、自分の生き方そのものがデザインなのだと感じました。いつまでもキラキラしている彼女たちの姿は、私の励みです!

今日は、jonnlynxのセットアップで。多様に遊べる、超心地よいニットと切りっぱなしのピンストライプのパンツ。崩して履けるところがステキ。