2018 Jan. 3

祖父のジャガールクルトと
新品のエルメス♡

12月30日に、お財布をなくしました。と決めつけるのはまだ早く、この年末年始のスケジュールで、タクシー会社には問い合わせができていないので、出てくるような気もしているのですが(笑)。

お財布は、いずれにしても今年新調しようと思っているので、元旦のめでたき日に、夫に(クレジットカード付き)付き合ってもらい、お財布をチェックしに出かけました。45歳と言う節目の年であること、今年は様々な新しい挑戦をしようと思っていること、などがあり、いつもよりもお財布予算をアップ。様々なブランドを見ましたが、やっぱり、新しい年のスタートに、とお財布を替える人が多いようで、どこも品薄。

最後まで迷ったのが、エルメスのメンズ。プライスも、レディスよりも買いやすく、not fancyで私好み。どうしようかな、と思っていたのですが、小銭入れが小さいことが気になり、結局購買には至らず。その代わり(!!!)、連れ帰ったコが。コリエ・ド・シアンのホワイト。今年の春夏の新作だそうで、まだ数点しか日本にしか入っていないそう。

ブラックレザーにゴールドはよく見かけるのですが、私には迫力がありすぎて。手も小さく腕も短い(涙)ので、それもそうです。ただ、このホワイトは! ぴたりとサイズがはまるのはもちろん、グレーのニットやデニムが多い私の着こなしにもフィットしてくれます。エルメスは、例えばシルクのカレを1枚仕上げるのにも2年かかるブランド。大量生産とは対極の、丁寧に、そして繊細なものづくりゆえ、見つけた時に手に入れないと、もう見つからない可能性が。

はい。お財布は買わずに、買いました(笑)。

今年最初の「買い」が、エルメス♡ なんか大人っぽい(笑)。
大切に使おうっと!

そして、昨年末にベルトを付け替えたのは、祖父から継いだジャガールクルトのアンティークウォッチ。何度もベルトをチェンジしていますが、リザードのブラウンがくたびれてきたので、マロン色のクロコ調に。実は黒のベルトにしようと出かけたのですが、黒だと、時計のフェイスの温かな色みが壊れてしまうようで、この色に。私の肌色にもきれいになじみ、また新しい気持ちでつけられそうで、即決。ベルトを替えるだけで、こんなに印象が変わるなんて!

この時計をしていると、大好きだった祖父がそばに感じられます。またこれで、大切に愛情をもって合わせられる!

と、この年末年始は、お財布はなくしましたが、自分なりにとっても良いお金の使い方をしたのでした(笑)♡

さて。今日公開のご挨拶動画は片岡と柳田です!
 

大草 直子

  • お節に飽きたので(笑)、ていうか、お節がおいしすぎて全部食べてしまったので、今朝はパンを♡ 息子は横で肉丼食べとる。
  • 今朝のリビングルームの影絵。なんてきれいなんだろう、としばし鑑賞。季節によって濃さや深さが変わる、自然のアートです。
 
 
  •  
  •