発田美穂の「欲しいものだらけで困る!」

2016.2.23

1年中持ちたいカゴバッグ
~ラドローのバケツ型カゴバッグ~

今年は暖冬なこともあり、いかにも冬らしい防寒スタイルをせずにここまで来てしまいました。それだというのに、冬の服にもなんとなく飽きてきた今日このごろ。お気に入りのニットも毛玉が増えてきたし、タイツもくたびれてきちゃったし・・・。毎日コートを着るのにも飽きてきちゃったなー。早くライダースとかトレンチコートとかだけで出られるようにならないかなー。

もうひとつ冬の服に気が乗らなくなった理由として考えられるのは、世の中のショップでは春夏もののデリバリーが始まっているから。コットンの軽やかな質感、リネンの涼やかなシャリ感。あー、なんで、先のシーズンのものって、あんなに素敵に見えるんでしょうか? なんでなの、誰かおせーて。

そんな、今頃の半端な時季に、私はどこか1点だけ先のシーズンのアイテムを取り入れるようにしています。例えば、厚手ローゲージのニットをウールからコットン素材に切り替える。もちろんまだまだ寒いので、ニットのインナーにヒートテック的なものはマスト。それでも、くたびれて毛玉だらけになったウールやカシミアのニットよりも、フレッシュな気分になれます。あるいは、スカートをコットン素材に替える。地厚なタイプや素材感のあるものなら、タイツと合わせてもかわいいです。

そんな“素材で季節を先取り作戦”のもっとも有効、かつ簡単なやり口といえば、じゃん!カゴバッグでございます!

チラ見えしているボーダー柄&シルバーのタッセル! なんともかわいい組み合わせ~。ラインタッセルバスケット¥46000(税抜)/ラドロー お問い合わせ先/スマイルワークス tel. 03-6751-3680

バケツ型のフォルムがとってもキュートなこのカゴバッグ。フェミニン、でもどこかシャープさもあって、そのさじ加減がいつも絶妙なラドローのもの。

カゴバッグはもはや通年アイテムではありますが、その選びにはコツがあります。同じカゴバッグでも、ストロー素材やラフィアなどのソフトなタイプは冬の服には合いません。このような籐や竹素材など、がっしりとした硬さのあるタイプが1年中活躍する条件。中でもこんな風に、ブラウンがかったものが万能選手です。これなら例えばモケモケのガウンコートとも、ムートンとも相性抜群。重たい冬のコートを軽やかに見せてくれます! 今みたいに、冬の服には飽きてきたけど、でも実際はまだまだ寒いから冬の服を着なくてはならない時季にぴったりなんざます~。

それからもうひとつ、フリンジ&タッセル好きの私としてはこちらも見逃せませんよー。

これは完全にタッセルが主役のデザイン。このボリューム感のあるタッセルがたまらん。ラフィアタッセルポシェット¥25000(税抜)/ラドロー お問い合わせ先/スマイルワークス tel. 03-6751-3680

このポシェットは赤と黒の2色展開なんですが、私のおすすめは赤! この春夏はベージュやキャメル、テラコッタブラウンなど、茶系大人カラーが豊作なので、そんなスタイリングのポイントにぴったり。そしてこのグログランの赤っていう素材感と色は、デニムとの相性も間違いなし! 例えば例えばですよ、ヘインズのメンズサイズの白Tにバギーデニム、そして、このバッグをトッピーング! 可愛いこと間違いない、間違いないっ。それに赤い小物って、なんだか無性にワクワクします。持っているだけで気分が上がるし、人にも見せたくなる! そんなちょっとした喜びが、まさにおしゃれの醍醐味ですね~~。